エンタメ

JRA攻略『WIN5大作戦』~投資“ざっくり3万円”で目指せ1000万円!!~

JRA 
JRA

~11月8日のWIN5対象レース~

①東京10R錦秋S

ダノンファスト
ニューモニュメント 2頭

ダートでは5戦3勝2着2回と崩れていないダノンファスト。菊花賞出走を目指して、前走は芝(セントライト記念)を走って12着だったが、ダートに戻れば前走のようなことはないはず。2走前の青竜S(OP)2着は、デュードヴァン(次走ユニコーンSで2着)とクビ差だった。それを考えれば、ここは好勝負必至。ニューモニュメントは、近3走③④③着で、すべて勝ち馬から0秒1差以内の接戦を演じている。勝ちきれない追い込みタイプだが、前が速くなるようならゴール前で急襲があっても。

②阪神10R道頓堀S

アプルーヴァル
イーサンパンサー
ガゼボ
シャイニーロック
ジョーアラビカ
ステイオンザトップ
タガノスカイハイ
ムーンチャイム
メイショウチタン 9頭

芝短距離のハンデ戦で16頭立て。波乱の可能性が高い条件だけに、手広く狙いたい一戦だ。クラス2戦目で2着と早くも結果を出したシャイニーロック、休み明けを使いつつクラス慣れしてきたアプルーヴァル、前走の勝ちっぷりから昇級初戦でも侮れないイーサンパンサー、現級でコンスタントに馬券圏内があるガゼボ、ジョーアラビカ、ムーンチャイム、前走は4着以下でも差のない競馬だったステイオンザトップ、タガノスカイハイ、メイショウチタンといったところが勝ち負けになりそう。

東京メインのアルゼンチンは人気2頭に絞る!

③福島11R奥羽S

オーケストラ
フクサンローズ
ライジングドラゴン 3頭

好不調がはっきりしている馬が多く、取捨はしやすいメンバー。オーケストラは、2走前に今回と同じコースで1勝クラスを卒業し、昇級戦の前走も2着。ローカル向きの先行力があり有力。フクサンローズもこのコースで2勝を挙げており、近3走は④②⑤着と堅実。得意な舞台でさらに前進が見込める。ライジングドラゴンの前走は直線でかわされて2着だったが、レースぶりは良くなっている。スムーズに先行できれば押し切りも十分。

④東京11Rアルゼンチン共和国杯(GⅡ)

オーソリティ
ユーキャンスマイル 2頭

ここは人気2頭に絞る。現5歳のユーキャンスマイルは、4歳2月以降、敗れたのはGⅠだけ。GⅡで、これといった強豪がいない組み合わせなら先頭でゴールする可能性はかなり高そう。3歳のオーソリティは、青葉賞を2分23秒0の好タイムで制した後、骨折により休養。ここは半年ぶりの実戦がカギとなるが、能力を発揮できればユーキャンスマイルの強敵となる。

⑤阪神11RみやこS(GⅢ)

エアアルマス
スワーヴアラミス
ベストタッチダウン 3頭

少頭数ながら実力拮抗の組み合わせ。ベストタッチダウンは、ゲートさえまともならハナを切って持ち味を生かせそう。一気の逃走劇がある。スワーヴアラミスは、ダ1800が6戦4勝。ここ2走が1900、2100で連続5着だったが、得意距離で変わり身に期待。エアアルマスはダート路線に転向後5戦4勝。ここは1月以来の実戦で仕上がりがポイントとなるも、このメンバーなら勝てる力はある。

合計324点で勝負!

あわせて読みたい