ザ・タブー

辞めてもらうことになった息子の家庭教師と最初で最後の浮気…《美澄さん=仮名・37歳・主婦》~官能小説作家書き下ろし『実録 女のセックス告白』

辞めてもらうことになった息子の家庭教師と最初で最後の浮気…《美澄さん=仮名・37歳・主婦》~官能小説作家書き下ろし『実録 女のセックス告白』
『実録 女のセックス告白』 (C)週刊実話Web

息子の家庭教師に、今月いっぱいで辞めてもらうことにしました。先生は教え方も上手で人柄もいいんですが、私がパート先を解雇されてしまい、月謝を払う余裕がなくなったんです。

丁寧に理由を説明すると、「いいんですよ。お子さんと出会えたことは、一生の思い出になります」と笑顔で言ってくれて…。

正直言って15歳も年下の大学生に夢中になるなんて、罪の意識を感じたほどです。でも、優しい笑顔と張りのある美しい肌、うなじから漂う甘い香りを吸い込んでしまった時、女の部分が目覚めました。

「私が、もし同じ年ごろだったら、きっと先生に夢中になっていたと思うわ」

興奮を抑えきれず、ついに思いを告白。繊細な先生なら、理解してくれると考えたんです。

「今、夢中になってくれたら僕は嬉しいですけど…」

この言葉を聞いて、私は心の中で「やった」と叫びました。持っている中で一番短いスカートを穿き、胸の谷間が見えるTシャツを着た効果はあったみたい。

「私は食べ放題のバイキングよ!」

胸を強調するために深く深呼吸すると、彼は甘えるようにそこへ顔を埋めました。頭を撫でながら「可愛いね。好きにしていいよ。こんなおばさん、価値ないかもしれないけど」と言いました。

「そんな、奥様は1時間3万5000円の価値があります。僕の20倍も高い労働力を提供できますよ」

さすが理系だけあって、個性的な褒め言葉。我慢できなくなった私は、急いでズボンを脱がせます。

すると彼も私のシャツを剥ぎ取り、勝負ブラをじっくり見た後に慣れた手つきでホックを外しました。Eカップの胸がブルンと揺れると、乳首を口に含みながら「奥さん、好きだ」とつぶやきながら押し倒します。

「焦らないで、何度してもいいのよ。私は食べ放題のバイキングだから」

貪るように正常位で挿入してから腰を動かし、「イキそう。外と中、どっちで出す?」と聞いてきたので、「飲んであげる」と頭を上げ、すごく濃い液体をノドを鳴らして飲み干しました。

2回目は騎乗位でして欲しかったんですが突然、玄関のチャイムが…。素早く着替えて髪を振り乱したまま「ママ、ただいま」と笑う息子を出迎え、何事もなかったかのように振る舞います。この時、最初で最後の浮気を終えた気がしました。

(書き手・奈倉清孝)

あわせて読みたい