ザ・タブー

噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~女優・吉高由里子

劉飛昶の淫相学“新”SEX診断 吉高由里子
劉飛昶の淫相学“新”SEX診断吉高由里子 (C)週刊実話Web

今回俎上に載せるのは、女優の吉高由里子。TBS系日曜劇場『危険なビーナス』(主演・妻夫木聡)ではヒロインを、映画『きみの瞳が問いかけている』では横浜流星とともにダブル主演を務め、今、最も脂が乗っている女優の1人だ。

相学的にとてもバランスの取れた顔相で、相の吉凶が相殺し、SEX診断チャートの評点も中庸を得ている。丸額(女額の代表格)で、小さめの口に歯列のアーチも小振りときて、良くも悪くも女らしい心性の持ち主だ。

鼻が高すぎず、頬骨が出ず、額も出ず、総じておとなしめの相で、女優としては目も小さく、強い顔相が断然多い芸能界では珍しい存在と言える。

耳廓(耳の内側の波打った部分)が出っ張っていて、アゴ先もやや出ており、こちらは我の強いアグレッシブな気性を示す相で、彼女を女優たらしめている。

臥蚕(下瞼の三日月形の部分)の膨らみと眼光の水気がほどよく、目の周囲の肉付きが豊かで、エロスのコンディションは上々。与える愛を示す上唇が薄く、求める愛の下唇がぽってりと厚めなので、受け身好きの甘えん坊なセックスだ。

歓待紋(唇の細かな縦皺)は多い方なので、受け身一辺倒でもなく、ベッドに上がれば男をもてなす愛戯も惜しまない。

鼻の肉付きがよく、金甲(小鼻)にも丸みがあって、精力・金運ともに恵まれる。しかし、小口に加え歯列のアーチも小振りで、回数をこなすセックスではない。

小さめの目で、セックスアピールは強い方ではないものの、片エクボと(細く薄めの)眉が尻軽性を高め、男縁を増やしている。

完全な“あげまん相”ではないがプラス要素ズラリ

【官能度】は「4」、【モテ度】【スタミナ度】は共に「4」寄りの「3」と観る。

膣の締まりのバロメーターとなる、口元の肉付きがほどよく、口角も今はいい感じの上がり具合(以前は極端でかえってマイナス)で、【名器度】も「4」寄りの「3」。

彼女は声色が独特でハスキーでもある。相学的には一癖ある声相で、自分勝手で(薄い上唇ともあいまって)相手に対する愛情が薄く、恋愛運・結婚運はよいとは言えない。

また横から観たとき、下唇が上唇より前に出ているのは素直さに欠け、不和を招きがちな(男の運勢をつぶす)心毒の相だ。

前述の女性度の高い相はどれも良妻相ながら、相殺して、【良妻度】は「3」寄りの「2」となった。

豊かな金甲、すっきりした口元、やや弓なりの眉、目尻で上がっている下瞼ライン(特に右目)など、どれも完全なあげまん相ではないものの、プラス要素がズラリとそろっている。

臥蚕相、声相、出た下唇などが足を引っ張り、【あげまん度】は「3」どまりとなったが、令和の時代の女性としては高い方だ。

劉飛昶(リュウ・ヒチョウ)
観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

あわせて読みたい