ザ・タブー

噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~女優・小芝風花

噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~女優・小芝風花 
『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』 (C)週刊実話Web

今回取り上げるのは、ドラマ『彼女はキレイだった』(フジテレビ系)で中島健人とダブル主演を務めている、女優の小芝風花。

ドラマでは、個性的なボサボサ頭ばかり目立っているが、顔相的にはデビュー当時から女性的な愛らしさと、芯の強さがバランスよくそろった好相の持ち主だ。

眼光の和気が豊かなのが特徴で、直近の関西のバラエティー番組では、ドラマよりリラックスするせいか、いっそう和気が増し、濃厚な官能性が観て取れた。性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼の三日月形の部分)の膨らみもほどよく、まさに娘盛りの女相と言える。

鼻相も特徴的で、肉付きよく丸みのあるやや短めの鼻が、高からず大きからずで、女性度の高い「愛され鼻」。10代の頃は、鼻筋がやや上向いて子供っぽさを残していたが、今は直線的で大人の女性の鼻相になった。前髪で隠すことの多かった額も今は半分露出させていて、女優としても人としても自信をつけてきたことがうかがえる。

また、アゴ先が尖らず角張っているのは根性のある努力家の相で、頬骨が出ているのはアグレッシブで目立ちたがりの相。張ったエラは我が強く行動力・忍耐力のある相で、「仕事顔」の要素も多く持っており、可愛いだけの愛玩的女優では終わらない女相だ。

唇が上下とも厚めで、他者愛・奉仕愛を示す上唇が自己愛・受動愛の下唇より厚く見えることが多いのに加え、その唇に歓待紋(縦の小皺)が多く、ベッドに上がれば相手男性に愛戯で尽くす積極性も備えている。

目頭に切れ込み(程度は強くない)があり、性愛の状況に応じて媚びる計算のできる女相で、将来的には男を巧みに籠絡する「恋多き女優」に変身する可能性も少なからずある。

白い肌に映える繁茂なアンダーヘア

まだ若く、現時点では淫蕩に走る相は見当らないものの、【官能度】【モテ度】はともに「5」寄りの「4」とかなり高く、【スタミナ度】も口相に勢いがあって金甲(小鼻)に張りがあり、「4」と高い。前述(眼光・鼻相)の高い女性度は、良妻性と連動しており、弓なりの眉に丸額も加わって、【良妻度】も高く、「4」。

以前より曲線的になった眉があげまん要素ながら、臥蚕相と口相、最も重要な眼形があげまん相とは逆で、【あげまん度】は「1」寄りの「2」と低い。

口元の肉付きが豊かなのは後天的名器相の1つ。先天的名器度が現れる耳穴の下の溝が平凡で、トータルで観て【名器度】は「3」。

ちなみに、彼女のような額の狭い女相のヴァギナは「上ツキ」(ただし名器性とは無関係)とは色情相法の定説。また、彼女のように地眉が濃く、もみあげが広く毛量豊かなのは、アンダーヘアも繁茂で白い肌に映える。眉や恥毛が濃いのは情も濃く、独占欲が強いので、嫉妬深いのが玉に瑕だ。

劉飛昶(リュウ・ヒチョウ)
観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

あわせて読みたい