ザ・タブー

噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~女優・波瑠

『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』  
『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』 (C)週刊実話Web

今回は、ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)で〝月9〟初主演(初出演でもある)の女優・波瑠を取り上げよう。

彼女の顔相の特徴は、何よりまず大きくしっかりした鼻だ。長さがあり高さもあるが、肉付きはよいとは言えず骨張っていて、かなり男性的な鼻相。鼻孔が大きく、その鼻孔が正面から覗き、エネルギーと金銭の出し惜しみをしない豪快な心性が観て取れる。

眉が短く太い一文字で毛質も粗く、こちらもかなり男性的。眉尻側が短いので、男勝りで向こう気が強く、(鼻相からも)自尊心の強い職人肌で、性愛面ではムードに欠けるため、男縁は多い方ではない。

エロスのポテンシャルが現れる臥蚕(下瞼の三日月形の部分)の膨らみが豊かとは言えず、眼光にも余分な水気がなく、淫蕩に走る女相ではない。口元に清潔感があり、目頭に切れ込みもなく、性愛の場面で媚びたり、ビジネスの場面でおもねったり、ということが少なく、男性側の下心や期待は裏切られがちだ。

口が小さく歯列のアーチも小さく、こちらは女性度の高い相で、アゴの骨格も華奢でスタミナは強くない。

一方、歯は大粒で特に門歯が大きいのは、生命力は強いもののガサツで、こまやかな気遣いは期待できない相。パッと見は美女タイプながら、内実はいたって男っぽい。

安定志向で結婚への期待は小さくないはず…

彼女は軽眼(目が大きい)で丸目でもあり、これらはどちらもモテ相の代表格。短い鼻下と浅めの人中(鼻下の縦溝)が尻軽相で、やや上向きの鼻頭も同様の意味があり、スキのない顔ではないのだが、鼻相と眉相の抑止力の方がずっと強く、弾けにくい女相だ。

【官能度】と【モテ度】はともに「2」寄りの「3」、【スタミナ度】は「2」と観る。

生来的な膣道の断面と一致するとされる耳穴の下の溝が狭くて深い名器相で、後天的な名器度の指標となる口元の肉付きも悪くなく、【名器度】は「4」と高い。

すっきりした口元とおとなしめの臥蚕相があげまん要素ながら、眉相が大きくマイナスで、肝心の眼形も上がり目のあげまん相ではなく【あげまん度】は「2」。

総じて仕事顔の彼女で、現時点では、短眉(結婚が長続きしない相)も強すぎる鼻(夫を尻に敷く恐妻相)もマイナス面が出ず、中年期にかけて大いに栄進するも、【良妻度】としては「2」寄りの「1」と低い。

顔を上下に3分割したとき、中停(目と鼻のあるエリア)がとても強く、下停(鼻下からアゴ先)が短くて弱く、中年後期で勢いを落とす。

彼女は耳が大きく安定志向で、結婚への期待は小さくないはず。今後、時機に応じ、化粧で眉を細く長く弓なりに作れば、異性運と結婚運を(相の落差が大きいだけに)一気に好転できる。

劉飛昶(リュウ・ヒチョウ)
観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

あわせて読みたい