芸能

村上信五の“タメ口連発”にフジ関係者が五輪キャスター抜擢を後悔?

村上信五の“タメ口連発”にフジ関係者が五輪キャスター抜擢を後悔?
(画像)Rachata Teyparsit / shutterstock

フジテレビ系の五輪キャスターを務めている『関ジャニ∞』村上信吾の評判がすこぶる悪いようだ。村上はスタジオキャスターだけでなくリポーターもこなしているが、その話ぶりに品がなさ過ぎだともっぱら。

「村上は根っからの大阪人でコテコテの大阪弁を使う。それはバラエティーでは受け入れられるのですが、やはりスポーツ番組のようなクセを出してはいけない番組には向きませんね」(芸能ライター)

こんな場面があった。卓球のA選手が準決勝に勝った試合の後だ。村上は現場リポーターで登場。

「A選手に対し、『調子どやねん』『次の試合はどうなん?』と、思いっきり大阪弁で話すのです。相手に対する思いやりや尊敬の念が、まるで感じられない。人間性のレベルの低さを感じましたね」(同・ライター)

現在、村上は『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)をはじめ、多数のバラエティー番組に出演している。

「村上は『――夜ふかし』でマツコ・デラックスと共演しているのですが、『マツコは~』『せやなっ』『ええやろ!』……の、ただのタメ口のオンパレード。つまりは地でやっているようなもの。これを五輪MCでもやったら聞きづらいし、タマらないでしょう」(同)

“ジャニーズ局”奪還の動き!?

村上はかなり早くからフジテレビ系の五輪キャスターに就任することを発表されていた。同局は、過去には民放一番のジャニーズ局といわれていたが、今やジャニーズ局といえば日本テレビだ。

「村上はジャニーズでも指折りの売れっ子だけに、今回の起用で〝ジャニーズ局〟を奪還しようとした動きにも見えましたね」(フジテレビ関係者)

それにしても、しゃべりがマニアックな上、オチャラケ気味の村上では「安全・安心」の五輪がシラけてしまう…。

「フジは後半に野球限定での中居正広の投入を考えていたようですが、先にTBSに持っていかれてしまいました。中居の野球のように、競技によって出れば話題になるタレントを探していますよ。それほど村上はヒドいと陰で囁かれています」(同・関係者)

キャスターのデキより、競技の中身だ。何はともあれ、ガンバレ村上!

あわせて読みたい