芸能

宮崎美子、斉藤慶子に続く“アラ還”美豊バスト!公開大本命の女優の実名

宮崎美子、斉藤慶子に続く“アラ還”美豊バスト!公開大本命の女優の実名
“アラ還”美豊バスト公開大本命 (C)週刊実話Web

「〝次はアノ人〟と、もっぱらのウワサです」(芸能リポーター)

先ごろ、約30年ぶりのビキニ姿を披露し、大きな話題となった斉藤慶子。

「7月14日に60歳になったとは思えないほど引き締まった体で〝美バスト〟を維持し、ウエストも見事にくびれていました。大学の先輩で、昨年に〝E級〟のビキニ姿を披露した宮崎美子に触発されたようです」(芸能ライター)

そこで注目されるのは、この2人に続く〝アラ還熟女〟がいるかどうかというところ。

「61歳の浅野ゆう子、62歳の池上季実子、65歳の大地真央らの名前が取り沙汰されていますが、大本命は、かたせ梨乃です」(芸能関係者)

1957年5月8日生まれのかたせは現在、64歳。8月20日から公開予定の映画『孤狼の血 LEVEL2』で、極道の妻を演じている。

「かたせで〝極妻〟といえば、やはり映画『極道の妻たち』シリーズですよね。とりわけ、1986年公開の『極妻』で世良公則と魅せた濡れ場は強烈でした。世良に揉まれ吸いまくられた〝絶品G〟が、今も頭から離れません」(映画ライター)

体型維持の秘訣は…

また、かたせは97年、40歳のときに、映画『身も心も』で、見事な技巧派の〝相互オーラル〟を披露している。

「柄本明との絡みで、かたせは頭から布団をかぶって体勢を変え、頭隠して尻隠さずの状態となるのです。豊バストは見えませんが、大きさ・形・色など昔のままのようです」(前出の芸能ライター)

維持の秘訣は水泳にあるとか。

「水泳歴は40年以上。今でも、ほぼ毎日泳いでいるそうです。30分ほどの水中ウオークも欠かしません。水着になることが、体型維持につながっている。鏡の前で、入念にチェックしているそうですよ」(映画関係者)

件の最新映画では、かつてのイメージをよみがえらせて演じているというかたせだが、私生活では、妻でも姉でも母でもなく、〝ひとり娘〟として両親の介護に奔走してきた。

「今年95歳になる両親の介護を長らくしていましたが、かたせの献身が実って、2人とも元気になった。かたせ本人も気分が晴れて、メモリアル的なグラビアに挑戦する気になっているようです。〝全部見せ〟まであるかもしれませんね」(前出の芸能リポーター)

実現に期待だ!

あわせて読みたい