芸能

グラドル・和地つかさインタビュー~ライザップCMで話題「絶賛婚活中です!」

グラドル・和地つかさインタビュー~ライザップCMで話題「絶賛婚活中です!」
グラドル・和地つかさインタビュー (C)週刊実話Web 

ビフォーとアフター(ヤセる前と後)のギャップが半端ない。放映中のCMで体重10.8キロ減、ウエスト19.5センチ減の美ボディーを披露している和地つかさ。本業がグラビアアイドルの彼女にとって、ビフォーの体型はマズすぎたのでは? とも思うのだが、なぜダイエットを思い立ったのか、その後の反響やリバウンドは? など、気になることを聞いてみた――。

和地 ダイエットのきっかけは昨年10月の事務所の移籍でした。それまでは「太ってる方がエロいよ」ということで、仕事終わりにマネジャーさんがラーメンやお酒を勧めてくれてたんです。ロケ弁当を食べたあとなのに(笑)。

――明らかに太らせようとしている。MAXで何キロあった?

和地 68キロでした。ただ、その頃は筋肉もあったしお腹をへこませる技術にも卓越していて、写真写りはそれほどでもなかったんです。

――で、移籍したら?

和地 当時の体重は51キロだったんですけど、体脂肪率は40%超え。筋肉もなくなっていてぶよぶよでした。なんとかできないものか…と事務所の皆さん、仲のいい知人、周りの方に相談して、藁にもすがる思いでRIZAPに。昨年の11月からダイエットを始めて、4カ月で現在の体になりました!

――ヤセた後のファンの反応はどうでした?

和地 「ぽっちゃりの方がよかったのに」と仰る方もいるんですけど、「すごい頑張ったね」とか「やっと人間らしくなったね」などの、嬉しい反応もいただきました!

――ダイエット後、グラビアやDVDの撮影はやったんですか?

和地 やりました。それが、驚きの連続なんです。今まではどうやってお腹を隠そうかと苦心していたのに、普通に立っていてもたるまないし、座っても平気。お腹の肉でパンティーが隠れてしまうこともなくなりました。

小学3年でCカップ! 職員会議で問題に…

ポーズにしても、可動域が広がったため、腰をひねられるようになったんです。「体が硬くて」とごまかしていたのが、普通に振り向けるようになれたのが嬉しくて。そうそう、太っている時は分からなかった「むくみ」も気づけるようになったし、5年ぶりくらいに腰骨とも再会したんですよ!(笑)

――「お尻もおっぱいもIカップ」がキャッチフレーズだったけど、さすがにサイズは落ちたのでは?

和地 それが全然変わらずで、今もIカップです。むしろくびれができたので、もっと体にメリハリが! リバウンドすることもなく、食生活や適度な運動も維持しているんですよ。

和地は大学2年時にミスヤングチャンピオンに応募。セミファイナリストになったのを機にグラビア活動を始める。その頃から徐々に太り始め、グラビアではムチムチキャラの代名詞的な存在になった。

――おっぱいを武器にしようと決めたのはいつ頃?

和地 元々は女優を目指してタレントスクールにも通っていたのですが、なかなか芽が出なくて。ミスコンに応募して、ある程度の成績を収められたのがきっかけですね。意外とグラビアが向いているのかも…って。

――それまではコンプレックスだった?

和地 そりゃあイヤでしたよ。小学3年でCカップあったので、職員会議で問題になっちゃって。男女が別々の教室で着替えることになったんです。普通は小5からなのに、私のせいで特例ができちゃった。中学校に入ると学校の裏サイトで「おっぱいが大きい新入生ランキング」と「付き合いたい新入生ランキング」で2冠を獲得したんです。それで先生に呼ばれて怒られました。

――勝手に決められたのに!?

和地 そう。「お前が悪目立ちするからだ」というのが理由でした。それなのに、中学時代は全然モテないし。

――付き合いたい女王が、なぜモテなかった?

和地 私に話しかけただけで、その男の子は「エロ認定」されちゃうんです。だから誰も寄り付いてくれなくて…。そんなこともあって、高校は女子校に行きました。

――苦労してきたんだなぁ。

「どうですか私? 結婚してみませんか?」

和地 ようやく彼氏ができても、このロリ顔が気に入ってくれた人は「おっぱい、どうにかなりませんか?」と言ってきたり。子供っぽい男性が多すぎますよね。なので私、男性の成人年令は35歳からと提唱してるんです。もうすぐ30歳なので、婚活もしたいと思っているので、メインターゲットは35歳以上ですね。

――RIZAP効果もあることだし、婚活するなら今が一番の売り時かもしれませんね。

和地 そうなんです。きっとモテるんだろうなと密かに期待していたんですよ。そしたら、ある男友だちから毎日連絡が来るようになって。これは絶対にモテ期だ!と思ったら、その彼、ホストになっていたんです。営業だったんですよ~。

――それは残念。

和地 でも、めげませんよ。婚活サイトやアプリになど頼らず頑張ります。

――どうやって?

和地 この人となら結婚生活が楽しいかも、結婚してもいいかな…と思う人がいたら、「どうですか私?」と聞く活動をしてみたんです。「結婚してみませんか?」って。すごい好きじゃなくても、これくらいのレベルだったらいいかな、楽しいかも、というくらいの人。

――アグレッシブすぎる婚活だなぁ。

和地 その活動、2カ月くらい続けてみたんですけど、誰も引っかからなかったです。いろいろと言い方を変えてみたりもしたんですよ。「令和に遺伝子を残した方がいいと思うんですよねぇ」みたいな(笑)。

――そのノリでは冗談としか受け取られないでしょう。

和地 仕方ないので私、ブタを飼おうかなと思っているんです。

――いきなり話が飛びますね。

和地 独り暮らしで寂しいじゃないですか。マイクロブタというのがいるんですけど、とっても可愛いんです。ブタカフェの店員さんによると、ブタがご縁で結婚した人もいるというので、今はそれに懸けてみようかなと。お付き合いすることになって「ウチに来ます? ブタを飼ってるんですけど」と言っても引かない人なら、うまくいくと思いませんか?

――わざわざハードルを上げる作戦に出ましたか。リバウンド阻止と婚活、頑張ってください。

和地つかさ◆わちつかさ 1993年5月13日生まれ。T148、B90・W62.5・H82センチ。ダイエット後の最新DVD『WatchIng』(エスデジタル)が発売中。ツイッター@tsutam_

あわせて読みたい