芸能

なだぎ武“ワクチン副反応”が物議…五輪開会式のトラウマでアンチ再発狂!

なだぎ武“ワクチン副反応”が物議…五輪開会式のトラウマでアンチ再発狂!
なだぎ武“ワクチン副反応”が物議 (C)週刊実話Web

タレントのなだぎ武が7月27日、自身のインスタグラムを更新。新型コロナウイルスの2回目のワクチン接種をしたことを報告した。

なだぎは《2回目のワクチン接種てこんなに辛いんやな、、、みなさんも2回目は特に解熱剤必須ですよ》とコメント。39.2度を表示した体温計の写真をアップした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

なだぎ 武(@nadagigigi)がシェアした投稿

この投稿に、フォロワーからは、

《オリンピック開会式お疲れ様でした。安静になさってください》

《私も2回目は発熱しましたよ。薬飲んでゆっくり休んでくださいね》

《2回目にぐったりする人多いみたいです。ちょっと心配になってきた》

《かなりの高温ですね。オリンピック疲れがあるのかも?》

などと、なだぎの体調を心配する声が寄せられている。

五輪開会式の“へっぽこ寸劇”に飛び火

一方で、「解熱剤は必須ですよ」などとアドバイスしたことがきっかけで、アンチの闘争心がメラメラと燃えたぎっている模様。実際に、ネット上では、

《解熱剤が必ず必要みたいなこと言ってるけど、個人差あると思いますが?》

《いちいち個人的な意見を発信しなくていいよ。こっちは数億円使った開会式でへっぽこな小芝居見せられてかなりキツいんだわ》

《ワクチン接種済ませていないのに開会式出てたんだ》

《あの開会式を見返せば熱も冷めるでしょ。見てる方はもっと辛かったんだぞ》

などと、厳しい声が寄せられている。

「どうやら解熱剤発言をきっかけに、オリンピック開会式でのテレビクルー芝居がヤリ玉に挙がってしまったようですね。また、開会式に出演するにあたって、二度の接種を終わらせていなかったことに驚いた人も多かったようです。なだぎの所属する『吉本興業』では6月28日から新型コロナウイルスのワクチンの職域接種を実施していて、2回目は7月26日から30日を予定していました。日程的に間に合わなかったのは仕方ないことなのですが…」(芸能記者)

東京五輪開会式でのテレビクルーパフォーマンスは、多くの視聴者のトラウマになっているようだ。

あわせて読みたい