社会

“堀米雄斗選手にワクワク”発言で蓮舫議員に批判殺到!「メダルが汚されたように…」

“堀米雄斗選手にワクワク”発言で蓮舫議員に批判殺到!「メダルが汚されたように…」
蓮舫議員に批判殺到! (C)週刊実話Web 

立憲民主党の蓮舫参院議員が7月25日、自身のツイッターを更新。東京五輪スケートボード男子ストリートで初代王者に輝いた堀米雄斗選手の活躍に「ワクワクしました!」とツイートしたところ、ネット上でツッコミが殺到した。

蓮舫氏は「堀米雄斗選手、素晴らしいです! ワクワクしました!」と投稿。日本中が堀米選手の活躍に熱狂したのは間違いないが、あれほど五輪開催に反対していた蓮舫氏の口から〝ワクワク〟という言葉が出てきたことに違和感を抱く人も多かったようだ。

ネット上では、

《蓮舫さん、たった2日前まで五輪開催を反対していたのにどうしたんですか?w》

《あれほど中止をアピールしていたのですから、コメントは控えた方がよろしいかと。応援するなら静かにねw》

《あんたオリンピック中止って言ってたよな。メダルが汚されたように感じてしまうのでコメントやめてもらえませんか》

《オリンピックが閉会した途端、感染者が増えた責任とれ!って騒ぎ出すのはやめてな。絶対に言いそうだけどw》

などと、大ブーイングが起きている。

この期に及んでまたもや菅首相を批判

「蓮舫氏の手のひら返しに猛批判が殺到していますね。蓮舫氏は旗色が悪くなったと感じたのか、同日午後にツイッターを更新し、《五輪で健闘された選手へのTweetに『反対していたのに』という反応がありますが、選手への応援と政府の危機管理体制への姿勢は別です。感染拡大の最中、今でもこの東京五輪強行の政府と東京都、組織委員会、IOCの判断には反対です。菅総理には国民の命と暮らしを守るリスク管理ができていません》などと反論。この期に及んで、またもや菅首相を批判し、ネット民をあ然とさせています。もし蓮舫氏の五輪反対が通っていれば、堀米選手の活躍も見られなかったのですから、さすがに〝ワクワク〟発言はないですよね…」(ネットニュースサイト編集者)

菅首相を心配する前に、まずは自身のリスクマネジメントをしっかりした方がいいと、誰もが思っていることだろう。

あわせて読みたい