芸能

中居正広の酒浸りが心配…五輪キャスターあぶれは“ジャニーズ圧”か

中居正広の酒浸りが心配…五輪キャスターあぶれは“ジャニーズ圧”か
(画像)Prostock-studio / shutterstock

元『SMAP』の中居正広が一縷の望みを託していた東京五輪キャスターの仕事にありつけず、大会期間中の〝酒浸り生活〟が危惧されている。

「コロナ禍で五輪が1年延期されたことで、メインキャスターの人選は白紙になった。中居に再び白羽の矢が立つ可能性もあったんですが、どの局からもオファーがなく、ストレスも溜まっているはず。自宅にこもってのやけ酒を関係者は心配しています」(スポーツ紙記者)

中居は2004年のアテネ五輪から8大会連続でTBSの五輪キャスターを務めてきたが、同局は安住紳一郎アナを起用。他局も『嵐』のメンバーや『関ジャニ∞』の村上信五を抜擢するなど、最後まで中居にお呼びはかからなかった。

「中居はレギュラーのラジオ番組で、今年上半期の生活について〝友達とも会わないし、遊ぶこともないし、1人でメシ食って、野球見て。なんにも面白くなかった〟と振り返っています。また〝4年間毎日飲んでいる。1カ月(酒を)やめようかと決めている〟と禁酒について触れていましたが、飲まなきゃいられない心境でしょう。中居は1週間で焼酎2升を空ける酒豪です。アルコール依存症ではありませんが、そう簡単に断酒できるレベルではない」(女性誌記者)

独立後に新たに決まった番組は1本のみ…

中居は昨年2月に新事務所『のんびりなかい』を設立。現在のレギュラー番組は『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)、『中居正広のニュースな会』(テレビ朝日系)など計4本。

「キー局のレギュラー番組を4本も持っていれば、数本のCMを抱えていてもおかしくないが、現実は0本」(キャステング関係者)

ジャニーズ事務所から独立後、新たに決まった番組は『中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん』(TBS系)1本のみ。

「ジャニーズにいたから仕事が回ってきた。五輪キャスターの座を逃したのも、ジャニーズの影響があるでしょう」(番組スタッフ)

緊急事態なかい。

あわせて読みたい