ザ・タブー

噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~女優・原田知世

噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~女優・原田知世 
『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』 (C)週刊実話Web

今回俎上に載せるのは、俳優・椎名桔平との熟年交際が報じられた、女優の原田知世だ。

相学の目で観ると、彼女は「エロスのポテンシャル」の波がなかなか特殊で、官能性が最も高まる10代から女盛りの30代にかけてが思いのほか低く、中年期から色香が本格始動すると、以降、衰え知らずで艶やかに開花し続けている。

性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼の三日月形の部分)の膨らみに、それが如実に現れていて、デビュー当時は臥蚕の膨らみが、まったくと言っていいほどなく、40代頃から徐々に厚みが出てきた。

芸能人には珍しい重眼(小さい目)で、10代の頃には際立っていたが、これも年齢を重ねるほどに目立たなくなり、その分、セックスアピールが増した。眼光にもほどよく和気と水気がのり、清楚と円熟を合わせ持った魅惑を放っている。

唇が上下とも厚く情愛は豊か。与える愛を示す上唇が求める愛の下唇より厚く見える時もあり、「待つ女」ではなく、好意を持った異性には自ら仕掛ける積極性を持ち、(後に述べる鼻相からも)性愛の場面では彼女がイニシアチブを握る。

鼻相が特徴的で、鼻梁が太く、金甲(小鼻)が張って肉付きよく、横幅がある割に高さがない。文字通り鼻っ柱の強い勝ち気な気性で、なりふり構わぬしぶとさも備えて従順とは言い難く、男の立場からするとコントロールしづらい女相ではある。

口は小さめながら門歯が大きく、豊かな金甲からもスタミナは十分で、見た目の印象以上の絶倫家だ。

男の意のままにはならない女相

【官能度】は「3」寄りの「4」、【スタミナ度】も「4」と高い。

これといった尻軽相がなく、表現を変えるとスキのない顔相で、その分、男縁は少なくなる。若い頃に比して、細く薄くなった眉がモテ相に寄ったものの、地眉が「へ」の字眉で、軽率な誘惑には容赦なく肘鉄を食わせる強さは健在だ。

重眼に加え、耳の位置が低く、特徴的な削げたような鼻先も、異性に対しては慎重で臆病な心性の現れ。【モテ度】は「2」寄りの「3」と観る。

ヴァギナの締まりと連動するとされる口元の肉付きは厚めながら、先天的名器度を観る耳穴の下の溝が名器相とは言い難く、【名器度】としては「3」。

頬が広くエラからアゴ先にかけて肉が巻いて丸みを帯び、(異性愛とは別の)家族愛に厚い相。また、丸額(女額の代表格)で頬骨が出ず、女性度も低くない。

ただ、強い眉相が癒し系とは言えず、鼻相も強く、男の意のままにはならない女相で、【良妻度】は「4」寄りの「3」。

豊かな金甲とすっきりした口があげまん要素ながら、強い眉相が大きくマイナスとなり、【あげまん度】は「2」どまりと観る。

劉飛昶(リュウ・ヒチョウ)
観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

あわせて読みたい