ザ・タブー

エッチな悩み一発回答!『Dr.みなみのSEXチン療所』=2021年7月22日号掲載分

エッチな悩み一発回答!『Dr.みなみのSEXチン療所』=2021年7月22日号掲載分 
『Dr.みなみのSEXチン療所』 (C)週刊実話Web

「先週号で、私の10周年記念のベスト盤情報をお伝えしましたが、ほかにもイベントなどをいろいろと考えています。でも、まだコロナが続いているので、オンラインなのか少人数制なのか、安全を最優先にして考えたいところです。『早くコロナ終われ~』って、強く思います。皆さんも手洗いや消毒を徹底して、もうひと踏ん張りしましょう。それでは今週の相談にいってみよー!」

《みなみ様へ。私は現在77歳、子供が小学生の頃は妻とも週1~2回はSEXをしていました。年齢と共に月1回、年1回と減り続け、現在は手を握って歩くことすらありません。虚しくて、月イチで風俗に行っています。妻のほうからの積極的な誘いもありません。何かいい対策はないでしょうか?》(滋賀県・77歳・男性)

「セックスレスというのは、日本の夫婦の典型的な悩みの1つですよね。相談者さんはご高齢ですが、まだSEXがしたい、と思っている。それは素晴らしいことではありますよね」

――確かに。

「ただ、何年も、何十年も手すら握っていないのに、いきなりSEXなんて難しいと思うんですよ。やっぱり童貞処女に戻るではありませんが、きちんと段階を踏むべきではないでしょうか。手を繋ぐ、キスをする、お風呂でイチャイチャする、みたいに。もしくは、『お風呂に入るの、ちょっと手伝ってくれないか』とか」

――お風呂? どういうことですか?

「まぁ、最初は奥さんも渋々でしょうし、洋服を着て手伝ってくれるかもしれません。それでも旦那様のお風呂を手伝うわけですから、触れ合いはあるはずです。そして、旦那さんのイチモツを見るわけで…。相談者さんは事前にバイアグラでも飲んでビンビンにしておいて、少し微笑みながら『すまんな、久しぶりにお前と触れて、こんなになってしまったよ』なんて言う。これで奥さんも意識せざるを得ない…いいでしょ?」

――い、いいのかな~?

「お風呂に入る前からビンビンとかは引くかも…。と、とにかく触れ合いを増やすことを、心がけましょう!」

私も映画でオナニーしちゃうかも?

《みなみ先生、こんにちは。私はみなみ先生のおっぱいが好きです。素晴らしいおっぱいです! それとは関係ない相談ですが、私は海外映画のSEXシーンに興奮してしまい、オナニーをしてしまいます。同様のケースはありますか?》(神奈川県・55歳・男性)

「まず、私のおっぱいを褒めていただき、ありがとうございます。自分では、まぁ普通のおっぱいぐらいに思っています。というか、このお褒めの言葉は相談に関係ないですよね?(笑)」

――編集部に届く相談は、先生を褒める前フリがけっこう多いです(笑)。

「そうなんですね(笑)。で、海外映画を見て興奮か~。まぁ、日本映画よりも有名女優のおっぱいが出る確率も高いしSEXシーンは多々ありますよね。『野性的なSEX!』って感じで、私も『おぉ、エロい!』って思うことはあります。けど、興奮はしますけど、オナニーするほどではないかな(笑)」

――なるほど(笑)。

「女性はシチュエーションに興奮したりしますけど、男性は『おっぱい!』『お尻!』と、直接的な映像に興奮することが多いので、まぁ映画でもありますよね。ただ、映画館で見ていて、興奮のあまりトイレでヌクとかはちょっと違うかな~。純粋に、まず映画は楽しんでほしいですね」

――ちなみに、みなみ先生が過去に興奮した映画は?

「タイトルは忘れてしまったんですが、レオナルド・ディカプリオ主演映画。奥さんがノーパンで過ごす、みたいな内容でした(笑)。それこそ、セックスレスの奥さんの色仕掛けの内容で、あれは良かったな~。股間がモゾモゾしました。あっ、私も映画でオナニーしちゃうかも?(笑)」

活字でオナニーするのもいいかも

《毎週楽しく拝見しています。モノクロページながら、みなみ先生のヌードが満載で、素晴らしいおっぱい、お尻、陰毛に、ただただ興奮しております。相変わらずコロナが収まらないのは憂鬱です…。ところで、みなみ先生はオナニーをしますか?》(神奈川県・55歳・男性)

「相談は最後の2行だけ! 前フリが長い(笑)」

――こういうご相談のお手紙、本当に多いんですよ。

「返信封筒まで付いている…。ご丁寧にどうもです」

――あっ、同じ方からもう1つ相談が。『活字で興奮しますか?』と。

「あ~、正直に言えば、私は漫画や映像派なので、官能小説はほとんど読んだことがありませんね。本は読むとしても、〝自己啓発系〟とか」

――「自己啓発系」とは、なんか意外です。

「美容とかの自己啓発系はたまに読みますね。友達に薦められてパラパラ~っと読んで、感化されて『人生頑張るぞ!』『もっと効率的に生きるぞ!』ってなりますが、数日経つと元通りにダラダラしてしまったり…(苦笑)。そして、また別の本を読むことを繰り返すという。そんなものですよね、人間なんて」

――確かに。

「まぁ、今後は官能小説のように活字でオナニーするのもいいかもしれませんね。まだまだ自粛は続けていかなければならないでしょうし、その間にいろいろと挑戦するのはいいことですからね。返信封筒が付いていますけど、なかなか私からお手紙は返せないので、ごめんなさい! でも、全部読んではいますから、ぜひまた送ってくださいね!」

小島みなみ=1992年12月14日、神奈川県出身。血液型=A型。趣味は散歩とディズニーランドで遊ぶこと。特技はテニス。T150、B85(Eカップ)・56・83センチ。最新作=『小島みなみAV10周年記念 S1全タイトル収録69作品16時間BEST』(S1)が7月19日に発売予定! みなみ先生の新作情報は「S1」の公式サイトを要チェック!! 公式ツイッター=kojima373

あわせて読みたい