芸能

田中みな実の“超VIP待遇”にドラマ主役の不満爆発!~銭で見えてくる『テレビ・芸能マル秘報告書』

田中みな実の“超VIP待遇”にドラマ主役の不満爆発!~銭で見えてくる『テレビ・芸能マル秘報告書』
田中みな実 (C)週刊実話Web 

日本テレビ関係者が頭を抱えている。

俳優の中川大志と新木優子がダブル主演するドラマ『ボクの殺意が恋をした』で、主役の2人がへそを曲げ、やる気をなくしてしまったというのだ。

「確かに、主演という立場から考えれば、2人がひねくれてしまうのも理解できなくもない。まあ、知名度や人気を考えたらこのような騒動になることは容易に想像がついたはず。スタッフは確信犯だったと思いますよ」(芸能プロ関係者)

騒動の発端は、つい先ごろ発表されたドラマの追加キャスト。個性派俳優の鈴木伸之や中尾明慶、水野美紀らの出演陣に加え、今が旬の田中みな実が名を連ねた。

「メディアの興味は、もはや田中オンリー。主演の中川や新木をスルーして、田中指名の取材が殺到しているのです。テレビ誌だけが付き合いで取材を入れているような状態。多くの媒体からは、ドラマの一報出しのときに田中の名前を入れるべきだったとのクレームが舞い込んでいるほど」(事情通)

ギャラも主役2人より高い!?

田中がここまで注目される理由は説明するまでもないだろう。写真集『Sincerely yours…』が60万部の大ヒット。〝美のカリスマ〟として、男性以上に女性ファンを獲得した。さらに、女性下着メーカー『ピーチ・ジョン』の新ミューズに抜擢され、公式インスタグラムにセクシーなランジェリーショットを惜しげもなく披露し、SNS上では検索率がトップになったのだ。

「パープルやピンクの下着姿を披露し、抜群のプロポーションが健在であることを知らしめました。ドラマでもあのセクシーボディーを披露するそうです。ドラマでの田中の役どころは、ずばり、トリックスターです。公式発表では〝大きな秘密〟を抱える漫画家アシスタント。長年、婚活中で仕事中でもやたらとマッチングアプリを気にして男漁りをしているキャラクターです。しかし、実際は主演の中川と新木の間に強引に田中が割り込み、謀略や色仕掛けなど、あらゆる手段を使い中川を篭絡するんです」(同・事情通)

こんな情報も入手。

「ギャラは今回の出演者の中で一番高いと思います。中川と新木は主役といっても若手。1本70~90万円前後。しかし、田中はスタッフがむりやり頭を下げて出てもらった経緯がある。結果、1本120万円~になったといいます。もちろん、このギャラには水着代も含まれています」(同・事情通)

主演2人の〝殺意〟はみな実へ向けられた?

あわせて読みたい