ザ・タブー

噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~お笑いタレント・福田麻貴

噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~お笑いタレント・福田麻貴 
劉飛昶の淫相学“新”SEX診断 (C)週刊実話Web

今回俎上に載せるのは、女性お笑いトリオ『3時のヒロイン』のリーダー・福田麻貴。

微妙に「カワイイ」と「ブサイク」が混在する個性的な顔立ちで、一昨年末、『女芸人No.1決定戦 THE W』で優勝以降、テレビ出演が一気に増え、ブレークを果たした。

性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼の三日月形の部分)の膨らみが淋しく、目もつぶらで、(パッと見は一重の)奥二重の瞼も加わって、セックスアピールの弱い、恋愛運には恵まれない眼相だ。

一方、唇が厚く、口元ももっちりと盛り上がっていて情愛は濃く、特に与える愛を示す上唇が厚いので、性愛の場面では(マグロタイプとは逆の)男に積極的に奉仕愛戯で尽くすタイプで、一度肌を合わせると男は見る目が変わる。

彼女は鼻相が特徴的で、肉付きよく横幅もあって、特に鼻頭が丸々として大きいのは、交わりに際してはいたってタフで、男が欲望にまかせて雄々しく振る舞っても嫌悪せず、一緒に高ぶってゆく貪欲な官能性と図太さを備えている。

口が大きく、歯列のアーチも大振りで、金甲(小鼻)も豊かなのに加え、もみあげが濃くて豊かなのは男性ホルモン優勢の相。回数をこなすセックスで、生命力・生活力も旺盛だ。

【スタミナ度】は満点の「5」!

【官能度】は「3」に近い「4」、【スタミナ度】は「4」寄りの「5」とかなり高い。

重眼(つぶらな目)と、(一重に近い)奥二重が非モテ相ながら、広い目間・垂れた眼形・弱い目力・短い鼻下が尻軽相で、男受けが底上げされており、トータルで観て【モテ度】は「4」寄りの「3」。

口元の締まりは、よいとは言えないものの肉付きは豊かで、後天的名器度は高め。先天的名器度の指標となる耳穴の下のミゾも悪くなく、【名器度】は「3」寄りの「4」。

彼女は耳が小さく結婚志向は強くないものの、弱い眼相から最終的には家庭が安住の地となる。

また、彼女のように鼻相ばかり強くて眼光に力のない女相は、家庭内では内弁慶で夫を尻に敷く割に逆境に弱く、苦しくなると夫に丸投げして頼る。

黒目が大きく(情感豊か)唇が厚い(温情的)のは情に流されやすく、垂れ目(意志薄弱)で抑制も利きにくいため、生涯に何度か裏切りに遭う可能性が高い。

眉間が狭く額も狭いのは、よく言えば自力救済の人だが、悪い面が出ると他からの協力や助力が得られず、運気の巡りもよいとは言えない。

太くて濃い一文字眉が良妻性を大きく落としており、眉を弓なりに整え、眉間を拡げるだけで、結婚運・家庭運を含めた運勢全般が一気に好転する。

【良妻度】は「3」寄りの「2」、【あげまん度】は「1」寄りの「2」と観た。

劉飛昶(リュウ・ヒチョウ)
観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

あわせて読みたい