エンタメ

JRA重賞『エプソムC』(GⅢ)本誌競馬班“厳選”軸1頭+相手4頭!

JRA重賞『エプソムC』(GⅢ)本誌競馬班“厳選”軸1頭+相手4頭!
(C)JRA

昨年は不良馬場で、前残り決着となり3連単は421万馬券と大波乱に終わったエプソムC。ただ、その昨年を除けば、過去10年で10万円超えの配当は1回だけで、比較的平穏な決着も少なくない。果たして、今年はどんな結末に!?

★軸馬=アルジャンナ
東スポ杯2歳S2着、きさらぎ賞3着、毎日杯2着など、2歳時から重賞で何度も好走しているアルジャンナ。距離が長かったダービー(18着)以外は、大崩れがない。8カ月半ぶりで18キロ増だった洛陽Sを、0秒2差の5着とまとめた後、前走のマイラーズCでは、メンバー中最速の上がり(33秒7)で2着。調子は戻っていると見てよさそう。過去10年、重賞連対からここに臨んだ牡馬は【1・2・3・7】と、半数近くが馬券に絡んでいる。

★相手=シュリ
休み休み使っているため、5歳ながら10戦しか消化していないシュリ。それでも、10戦すべてで1番人気に推され【6・1・0・3】で掲示板外なしと、素質の高さは見せている。前走の谷川岳Sは、好スタートから一旦控え、途中からスピードの違いでハナに立つ難しい展開となりながらも、新潟の長い直線を押し切った。重賞は、今回が二度目の挑戦。初参戦は2走前の京都金杯で、直線で前の馬がフラついたこともあって伸びきれず5着(勝ち馬からは0秒3差)だった。まだまだ伸びしろはありそうで、ここで初タイトルを掴む可能性も十分だ。

★相手=ファルコニア
スプリングS4着、京都新聞杯3着と、クラシック戦線でも健闘していたファルコニアが、ここに来て条件クラスを2連勝と、本格化の気配を漂わせている。1800メートルも【3・2・0・1】とベストの距離。過去10年のエプソムCでは、4歳馬が好成績を残しており、その中でもディープインパクト産駒の関西馬に限れば【3・3・0・1】と、好走率が非常に高い。これに合致する本馬は無視できない(アルジャンナも該当)。

除外明けも地力は上位のガロアクリーク

★相手=ヴェロックス
クラシック三冠は②③②着と好勝負を演じ、古馬になってからの飛躍が期待されていたヴェロックスだが、4歳以降は長期休養もあって3戦しかできず、成績も⑨③⑨着。GⅢでも連に絡めていない。ただ、休み明けは神戸新聞杯2着、中日新聞杯3着と悪くない。5カ月の休養でリフレッシュできていれば、力を出せそう。3歳時の走りや戦ってきた相手を考えれば、このまま終わる馬ではないはず。

★相手=ガロアクリーク
スプリングSを勝ち、皐月賞でも3着とGⅠに手が届きそうな戦績を残しているガロアクリーク。昨年末のディセンバーS(3着)以来の競馬となるはずだった5月の都大路Sは、右前肢跛行のため除外となったが、態勢は整えていただけに、ブランクは気にしなくていいだろう。地力はここに入っても上位の存在。復活のきっかけとしたいところだ。

あわせて読みたい