芸能

小林礼奈“ラーメン店騒動”店側の説明と食い違いでさらなる波紋…

小林礼奈“ラーメン店騒動”店側の説明と食い違いでさらなる波紋…
小林礼奈“ラーメン店騒動”(画像)ArtFamily / shutterstock

昨年10月、お笑いコンビ『流れ星』の瀧上伸一郎と離婚したタレントの小林礼奈が、娘さんとともに訪れたラーメン店から〝強制退店〟させられたとする騒動が、さらなる波紋を広げている。

小林は、6月5日に投稿したブログで、娘さんとラーメン店で食事をしていたところ《次に待っていた子連れファミリーの親に〝遅えよ〟って言われまして。しかもまだ食べている途中に》《それから店員さんが来て〝すいません、次の方たちが待っているので〟と言われた》などとつづっていた。

食事時間に30分かかっていたこともあり、退店せざるを得なかったようだが、帰り際にも〝遅えよ〟と言われ、《最悪だなって思ってお店を後にしました》と苦言を呈していた。しかし、ラーメン店の実名を記していたことや、回転の早い店で30分以上食事にかかるのはどうかといった意見がネットに投稿され、賛否両論を呼んで炎上状態になっていた。

「当該店舗の店主が、9日に騒動の経緯を説明していました。小林のブログで書かれていた客同士のやり取りについては触れていませんでしたが、『飲食店で召し上がっている途中のお客様に〝お席の方よろしいですか?〟という言葉は本来あり得ません。勘違いをしてお声がけしてしまったことに関しては大変申し訳ございませんでした』と謝罪していました」(ネットメディア編集者)

「詳細を聞いて完全に風向きが変わった」

説明によると、小林は午後6時47分に女性2人、子ども2人の4人でテーブルに座ったという。7時20分ごろ、子ども2人はエプロンを外し、22分にはもう1人の女性がエプロンを外し、マスクを着用。27分に食事が済んだと判断したスタッフが声を掛けたということだ。

「小林はブログで《まだ3分の1ぐらい残っていて食べている途中だったんですよね》などと、あくまで食事中だったとしていましたが、店主の発表とは食い違いが生じていますね」(同・編集者)

ネット上では、

《親子2人で来店していたのかと思いきや、詳細を聞いて完全に風向きが変わった》

《このラーメン店の説明を見る限り、明らかに小林の方が悪い。ラーメン店は回転が重要なのに40分以上も居座られたら本当に迷惑だろ》

《なんか子どものせいにしてたけど、原因は小林のおしゃべりじゃねーかよ!》

《食後にダラダラ喋って退店を促され、当てつけでブログに嘘を書いたんだろうね》

などなど、小林に対して辛辣な意見が投げつけらる事態に…。

小林は騒動について、8日に自身のブログを更新し《ごめんなさい。まさかこんな事がニュースになってしまうとも思わずに、軽率に店の名前出してしまった事すごく反省しています》と謝罪。《影響力は考えつつ、、、人様のご迷惑にならない程度になるべく正直なブログを書いていけたらと思います》とつづった。

また、10日には「騒動についての経緯」と題したブログを投稿。今回の騒動について改めて《客同士のトラブルです》と当時の状況を説明し、《お店を巻き込んでしまいご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした》と謝罪した。さらに、自身のYou Tubeチャンネルに投稿した動画でも経緯を説明し謝罪している。

とにもかくにも〝なるべく〟などと書いているくらいだから、今後も何かと心配になる話だ。

【画像】
ArtFamily / shutterstock

あわせて読みたい