芸能

木下優樹菜に「3本契約で3億円」本気オファー!? 一気にデビュー現実味

木下優樹菜に「3本契約で3億円」本気オファー!? 一気にデビュー現実味
木下優樹菜「3本契約で3億円」 (C)週刊実話Web

昨年7月に芸能界引退を表明したが、個人でモデル活動を徐々に再開させている木下優樹菜が、「3億円訴訟」を起こされた。

「5月27日、木下がかつて商品のイメージキャラを務めていた『ロハス製薬』などが、木下が起こした〝タピオカ騒動〟でブランドイメージを棄損されたとして、木下、当時の所属事務所、仲介した広告会社の3者に対し、総額約3億円の損害賠償を求める訴訟を起こしたことが分かりました。木下の負担分は定かでありませんが、芸能界を去り、収入が激減しているはずの彼女にとって、大きなダメージになりそうです」(芸能記者)

木下は2010年に『FUJIWARA』藤本敏史と結婚し2女をもうけたが、19年12月に離婚。その後、姉が勤務していたタピオカ店に恫喝まがいのメッセージを送っていたことによる「タピオカ騒動」を起こし、昨年7月に突然、芸能界引退を発表した。

スーパーモデルなみのボディー

「ただ、昨年9月にはインスタグラムのアカウントを再開し、下着姿の悩殺写真をアップするなどセクシーボディーをアピールしています。さらに、今年3月にはヤンキー系ファッションブランド『GALFY』のモデルを務めるなど、活動を再開している印象です。とはいえ、フリーで独身のため、巨額訴訟は厳しい戦いになりそう」(同・記者)

そうした中、木下に目を付けているのが艶系DVD業界だという。引退直後からオファーの噂はあったが、ここにきて一気に現実味を帯びているというのだ。

「元ヤンキーの〝おバカキャラ〟でブレークした木下ですが、実は『三愛』の水着イメージガール出身で身長166センチ、スーパーモデルなみのボディーの持ち主。訴訟で窮地に立たされた木下サイドに対し、複数の艶系DVD関係者がデビューへの打診を始めているというのです。中には〝3本契約で3億円用意する〟と具体的に提示している関係者もいるそうです」(業界関係者)

一連のゴタゴタに対する「懺悔」の意味も込めた作品案も出ているという。もし木下が首を縦に振ったら爆発的な売れ行きになり、訴訟費用などすぐ回収できるはず。

あっちの業界にユッキーナ!

あわせて読みたい