ザ・タブー

噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~女優・玉城ティナ

「劉飛昶の淫相学“新”SEX診断」玉城ティナ編 
「劉飛昶の淫相学“新”SEX診断」玉城ティナ編  (C)週刊実話Web

ドラマ『荒らぶる季節の乙女どもよ』(TBS系)で、山田杏奈とともにダブル主演を務めている、ファッションモデルで女優の玉城ティナ。アメリカ人の父、日本人の母を持つハーフで、『極主夫道』(日本テレビ系)にも出演している。

なかなか個性的な顔相の持ち主で、いくつか強い相(出た頬骨とアゴ先、角額など)はあるものの、総じて弱く(後に詳述)、美貌もやや人形美的で、観賞向きの美女という女相だ。

性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼の三日月形の部分)にほどよく厚みがあり、唇も上下とも厚めで、情愛は濃い。横から観たとき、上唇側が前に出ているのは早熟タイプで、性感は年齢相応に熟していると観る。

ただ、彼女は眼光に表情が乏しく、目力も弱く、(現時点では)男性の淫心を焚き付けるほどのエロスのパワーは持ち合わせていない。

彼女は鼻相が特徴的で、子供っぽく、鼻筋が反って正面から鼻孔が覗く。隠し事のできない正直であけっぴろげな心性であり、短慮でそそっかしい。ちんまりとした鼻のわりに鼻孔が大きいのは、金銭やエネルギーを気前よく蕩尽し、窮乏してから慌てるタイプだ。

金甲の張りが乏しく、口も小さくて、スタミナは弱く、回数をこなすセックスではない。

また、彼女のような鼻先がスマートに尖った相は、(神経質で理性が勝り)時間をかけた十分な前戯が必須。早急なインサートや激しいピストンは禁物という女相だ。

玉城ティナは争いを好まない平和主義者 家庭に入って吉

一方、鼻孔の覗く子供っぽい鼻相は、露出的な性戯や野性的な愛戯に対して忌避感が少なく、「相性」や「趣味」が合えば、双方で堪能し合える、ベストカップルの生まれやすい相でもある。

【官能度】【モテ度】は、ともに「4」寄りの「3」。【スタミナ度】は「2」寄りの「1」とかなり低い。

口元の締まりがユルいのはモデルに多い相で、口角(唇の両端)がキュッと引き締まっている表情もよくあり、相殺して【名器度】は「2」寄りの「3」。

すっきりとした口元があげまん相で、弓なりに作るようになった眉相もプラス要素。臥蚕相と金甲相で足を引っ張っているものの、【あげまん度】は「3」と、現代女性では高いほうだ。

彼女は横から観たとき口元が骨格ごと引っ込んでいるのが特徴で、これは文字通り引っ込み思案で、争いを好まない平和主義者の相。小口で鼻相も弱く、結婚すれば精神的にも、生活力でも夫に頼り、家庭に入って吉となる女相だ。丸みのある眉も良妻相で、【良妻度】は「4」と高い。

周囲の意見に支配されがちで、男性(恋人、夫)次第で幸不幸が決まる相でもある。親兄弟や先輩も含めた、有能で良心的なアドバイザーを常に身近に持っておくことが、幸福の秘訣となる女相だ。

劉飛昶(リュウ・ヒチョウ)
観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

あわせて読みたい