アウトロー

神戸山口組・藤原健治舎弟頭補佐「自宅発砲」銃弾に込められた“メッセージ”

神戸山口組・藤原健治舎弟頭補佐「自宅発砲」銃弾に込められた“メッセージ”
銃撃を受けた藤原舎弟頭補佐の自宅 (C)週刊実話 無断転載禁止

物々しいパトカーの赤灯や「立入禁止」と書かれた黄色い規制線は、自然に囲まれたのどかな風景を一変させた。

5月30日の午後6時半ごろ、神戸山口組(井上邦雄組長)の舎弟頭補佐を務める藤原健治・三代目熊本組組長の自宅(岡山県倉敷市)に複数発の銃弾が撃ち込まれた。

四方は道路と畑、空き地に囲まれており、周辺には病院やアパートなどが間隔をあけて建っているだけだが、銃声を耳にしたという近隣住民もいた。

「そのときは拳銃の音だとは思わなかったし、何回聞こえたかも定かではない。爆竹のような音がするとは思った」(近隣住民A)

藤原組長の自宅は、高さ約2メートルのコンクリート塀と大理石の外壁に囲まれ、塀の上部には外からの侵入を防ぐ尖った柵も設置されている。

「どこの組織なのかは知らなかったけど、『組長の家』だというのは聞いていた。それでも組員が大勢来たり、派手な出入りは見たことなかったけどね」(近隣住民B)

敷地の外から目視できる範囲には、防犯カメラが複数台設置されているが、犯人は堂々と敷地内に立ち入っていた。

玄関脇の壁面などに弾痕が残されていた (C)週刊実話 無断転載禁止

「門から玄関先までは数メートルありますが、犯人は門を開けて敷地内に侵入。玄関扉の正面に立って発砲したようです」(全国紙社会部記者)

銃弾は、玄関の大理石の外壁など5カ所に命中していた。

弾は撃ち尽くさずに1発残しておく

「犯人は回転式拳銃2丁を所持しており、発砲後、1丁を敷地内に放置し、銃弾1発が装填されたもう1丁の拳銃を持って、岡山県警倉敷署に出頭。当日の夜、銃刀法違反の容疑で現行犯逮捕されています」(同・記者)

銃弾1発を残していたことに、組織関係者らは「やり方を知っている人間だ」と口を揃えた。

「襲撃した場合、弾は撃ち尽くさずに1発残しておくもんや。相手の組員に追われて逃げ切れなかったら、こっちが殺されてまうやろ? せやから、〝お守り〟として1発だけは撃たんようにするんや」(関西の組織関係者)

藤原健治舎弟頭補佐 (C)週刊実話 無断転載禁止

業界内では、発生当初から六代目山口組(司忍組長)による犯行との見方が強く、実際、逮捕された男は、熊本組と同じ岡山県内に本拠を置く三代目杉本組(山田一組長)の傘下組員だった。

「杉本組の西田真一若頭のとこにいる河島秀之組員やった。六代目山口組の阪神・中四国ブロックからは、森尾卯太男本部長の大同会(鳥取)などからも実行犯が出とる」(同・関係者)

岡山県内では、5月に抗争事件が集中している。

山口組分裂の翌年である平成28年5月31日には、当時、神戸山口組傘下だった池田組(池田孝志組長=岡山)の髙木昇若頭が、三代目弘道会(竹内照明会長=愛知)系組員によって射殺された。

さらに今回の事件から、ちょうど1年前にあたる昨年5月30日には、同じ池田組の前谷祐一郎若頭が大同会最高幹部に銃撃され、重傷を負っている。

なぜ5月末に岡山で銃撃事件が続くのか。今回の銃弾に込められた〝メッセージ〟とは──。

▶この続きは6月3日(一部地域は4日)発売の『週刊実話』2021年6月17日号に掲載しています。

あわせて読みたい