スポーツ

阪神快進撃のウラで佐藤輝明VS陽川尚将“新旧ゴリラ”パワー対決!

阪神快進撃のウラで佐藤輝明VS陽川尚将“新旧ゴリラ”パワー対決!
阪神快進撃のウラで… (C)週刊実話Web 

セ・リーグの首位を独走する阪神。好調の要因は「ゴリラ」にあった!

セ・パ交流戦前の最後の3連戦は、対戦チームにコロナ感染者が相次いだため中止となった。そのため新4番の佐藤輝明をはじめとした一軍主力は、二軍戦に出て調整していた。

「今後、雨天中止も増えるので、試合勘を失わないように首脳陣も苦慮していました」(在阪記者)

しかし、昨季と比べて明らかに変わった点もある。首位を快走しているのもあるが、虎ベンチが明るいのだ。長打や本塁打で得点が入ると、一気に盛り上がる。そこで飛び出すのが、〝ゴリラ・ポーズ〟だ。

話は開幕カードの対ヤクルト3連戦にさかのぼる。

「3月27日に途中出場した陽川尚将が本塁打を放ったのですが、ベンチの首脳陣と選手たちが〝ゴリラ・ポーズ〟で出迎えました。以後、チームで得点が入ると、申し合わせたように他選手もマネするようになったんです」(地元メディア)

〝ゴリラ・ポーズ〟とは、両腕で胸のあたりを叩くようなジェスチャーを指す。

「いい意味で佐藤輝明はいじられキャラ」

そもそも、阪神でゴリラが流行し始めたのは、佐藤がきっかけ。そのケタ外れのパワーから繰り出される豪快アーチに、「まるでゴリラ」と驚かされたのだ。

しかし、阪神でゴリラといえば、そもそも陽川なのだ。その後、虎ナインが申し合わせたのか、適時打が出るたびに例のポーズが行われるように。佐藤も、本家が適時打を放つと、エールを送るようにベンチからそのポーズを続けている。

「陽川は将来を嘱望される右の長距離砲です。ところが、レギュラー奪取には至らず、佐藤の加入、さらにJ・サンズ、M・ロハス・ジュニアもいて、外野のレギュラー争いはさらに熾烈。しかし、この環境が陽川を覚醒させるかもしれません」(前出の在阪記者)

新旧ゴリラ・パワーの爆発が、首位快走の原動力になっているようだ。

「佐藤が長打を放ったとき、ゴリラ・ポーズを見せることもあります。ベンチの方を見ながらやっているので、先輩選手たちに『やれ!』と言われているのでしょう。いい意味で、佐藤はいじられキャラにもなっているようです」(同・記者)

太くて長い腕、厚い胸板、大柄な体、三塁守備での敏捷な動き。佐藤の方がゴリラっぽい感じがする。

愛されキャラの佐藤、本家・陽川の覚醒が本物なら、虎の快進撃はさらに続く!!

あわせて読みたい