ザ・タブー

男友達とシックスナインで勝負! 結局敗戦もブルーな気分解消《美子さん=仮名・24歳・OL》~官能小説作家書き下ろし『実録 女のセックス告白』

男友達とシックスナインで勝負! 結局敗戦もブルーな気分解消《美子さん=仮名・24歳・OL》~官能小説作家書き下ろし『実録 女のセックス告白』 
男友達とシックスナインで勝負 (C)週刊実話Web 

こんなに気分が落ち込むのは、コロナうつなのか、それとも五月病でしょうか? とにかく、人と接することもなく、部屋でテレワークをこなしていたら、ふとしたことで泣きたくなってしまうんです。

これは誰かに会って解消しなければと思い、頭に浮かんだのがギャンブル狂のサブやんでした。彼はただのお友達だけど、何となく癒やされるタイプです。

でも、こんな時期にどうやったら来てくれるか…。必死に考えた末、「シックスナインで勝負しない? 勝ったほうが1万円ってことで…」と誘いました。

「行く。絶対に勝つからな」

サブやんは相当乗り気でした。このエッチは3年ほど前、飲み会で王様ゲームをすることになり、先に果てたほうが負けのルールで、彼とペアになったんです。

その時、私はクンニで秒殺され、大恥をかきました。だから、今こそリベンジの時だと思ったんです。うつ気味なら快楽も半減し、勝つ自信がありました。

サブやんはすぐに到着し、以前会ったときよりオシャレでイケメンになっていました。まずは一緒にシャワーを浴びます。Dカップの胸を見せつけ、興奮度を高めたほうが勝てると思ったからです。

膨張したクリトリスに熱い舌先が…

「でけぇな。触りてぇ」

「揉んでいいよ」

「その手に乗るか! そんなことしたら負け戦だ」

こんな話をしながら、私たちはベッドへ急ぎます。

「さぁ、今から勝負よ」

お互い逆さまになってすでに勃起しているペニスを前に、私は「スタート」と声をかけました。「昇天なんかするもんか!」と思いながら、男根をチュパッと音を立ててしゃぶります。

だけど力めば力むほど、彼の射精は遠のくみたいでした。一方、私への愛撫はソフトで、余裕で舐めているのが伝わってきます。

やがて膣口が軽く収縮を始め、クリトリスが膨張して皮が剥けると、小さな突起が頭を出しました。

そこに軽く熱い舌先を当てられた時、「イッたぁ、ダメよ。くすぐったくなるから」と、乱れて昇天し…。

この後、なぜか連続で何度も絶頂に達し、しばらくすると生温かい液体が私の口内に飛び散りました。

「勝った! 勝ったぞ。これで1万円ゲットだぜ」

サブやんの喜ぶ顔が悔しくて、怒りに似た闘争心が沸き起こります。結局、落ち込んだ気持ちはどこかへ吹っ飛んでいました。

(書き手・奈倉清孝)

あわせて読みたい