芸能

田中みな実、自宅では水着で過ごす!? 目指すは“裸族”の叶恭子か

田中みな実、自宅では水着で過ごす!? 目指すは“裸族”の叶恭子か
田中みな実、自宅では水着で過ごす!? 目指すは“裸族”の叶恭子か (C)週刊実話Web

田中みな実が「女優業」を本格化させている。

現在はテレビ東京系のドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』で、吉田羊と共演。役柄は〝本業〟のアナウンサー役だ。

「すでに7月期の連ドラも決まっています。次は日本テレビ系で、中川大志と新木優子に次ぐ準主役級です。こちらは、またもや悪女役でセクシーシーンも満載のようですね」(芸能プロ関係者)

2014年にTBSを退社し、フリーアナに転身した田中。局アナ時代のぶりっ子キャラが災いし、当初は仕事に恵まれなかったが、「美へのこだわり」が女性に評価され、19年12月に出版した初の写真集が、男女問わず支持され、バカ売れ。タレントとして引っ張りだこになるも、本人は女優業にこだわり、昨年8月には女優専門の所属事務所に移籍した。

飯島直子の離婚理由と同じパターン

「自分磨きのため、ジムにもエステにも通っているそうですが、それだけでは足りないらしく、ボディーラインをキープするために自宅では水着で過ごしているそうです」(芸能プロ関係者)

美ボディはキープできても、恋の話はとんと聞こえてこない。

「オリエンタルラジオの藤森慎吾さんと破局後は、浮いた話が出ていません。高すぎる美意識に男性がついていけないのでしょう。飯島直子さんも、TUBEの前田亘輝さんと結婚している頃、体型を維持するために部屋を鏡張りにし、常にボディーチェックをしていたそうですが、それが離婚の理由のひとつになったという話を聞いたことがあります」(同・関係者)

究極は、家では全裸で過ごすという叶恭子。もはや人間離れしたステージに思えるが、みんなのみな実は、そのレベルを目指しているのかも!?

あわせて読みたい