社会

潜入撮!山口組司六代目、髙山若頭と住吉会関代表が浜松市で極秘会談

(C)週刊実話 無断転載禁止

5月8日、六代目山口組の直系組織で、静岡県浜松市に本拠を構える「二代目國領屋一家」の前には、地元の静岡県警のみならず、警視庁や愛知県警、兵庫県警などの捜査員が集結。些細なことも見逃さないように、無言で本部を注視し、威圧的な雰囲気を漂わせていた。

それもそのはず、建物内には六代目山口組の司忍組長と髙山清司若頭がおり、客人を出迎えていたからだ。

「前日になって突然、司六代目と住吉会の関功代表が会うという情報が入ってきたんや。毎年、時候の挨拶で関代表が個人的に訪問して、昨年の12月にも顔を合わせとるが、今回は挨拶の時期やないから、予想外やったで」(ベテラン記者)

代目を譲った関代表の“慰労会”か

住吉会では、4月20日に関会長体制から小川修司会長の新体制が発足し、関会長は「代表」に就いたばかりだった。

「今回も司六代目への個人的な訪問だとみられたが、浜松駅まで六代目山口組の最高幹部たちが出迎えに行っとった。住吉会側も、関代表と柴崎靖忠・馬橋一家七代目総長と児島秀樹・京王会会長たちが同行するなど、いつもと同じ訪問のメンバーやったで」(同)

(C)週刊実話 無断転載禁止

長時間に及ぶと思われたが、約40分後には駐車場のシャッターが上がり、すでに送迎車が配置についていた。

捜査員らが鋭い視線を向ける中、引き揚げる関代表は、六代目山口組の中核組織である三代目弘道会・竹内照明会長の腕に手を添え、激励の言葉を掛けていた。

「新たに住吉会を率いる小川会長も、関代表の出身母体である共和一家を牽引してきた経緯がある。せやから、司六代目と髙山若頭の出身母体である弘道会トップの竹内会長に対しても、個人的な思いがあって声を掛けたんやないか」(同)

(C)週刊実話 無断転載禁止

どうやら、今回の極秘会談の目的は、関代表が6年にわたって住吉会を牽引し、新たな世代にトップの座を譲り渡したことに対する〝慰労会〟のような意味合いだったようだ。

関代表らの見送りには、司六代目も最高幹部らと共に姿を現した。その表情からは、充実した時間を過ごした様子がうかがえた。

見送りを終えた司六代目が帰途に就き、会合終了から約2時間後、髙山若頭が駐車場に現れ、車両に乗り込んだ。

その足取りは、束の間の休息を終え、再び戦場に赴く指揮官のように見えた。

あわせて読みたい