芸能

NHK桑子真帆アナ、民放も争奪戦!『スッキリ』加藤浩次の後釜にも浮上!?

NHK桑子真帆アナ、民放も争奪戦!『スッキリ』加藤浩次の後釜にも浮上!?
NHK桑子真帆アナ、民放も争奪戦!『スッキリ』加藤浩次の後釜にも浮上!?(C)週刊実話

NHKの桑子真帆アナの評判が、以前にも増して急騰しているという。桑子アナは、現在、朝のニュース番組『おはよう日本』の担当。昨年3月まで『ニュースウオッチ9』の担当だった。

「民放を含めたニュース番組の1位は『ニュース7』です。これは夜7時という時間帯もよく、昔から担当者が関係なく1位。本当の看板は『――9』です。でも桑子アナは外され、朝に回された。その落胆ぶりはすごかったですね」(NHK関係者)

『――9』の担当には1年後輩の和久田麻由子アナが、『おはよう――』から昇格となった。

「桑子アナとしては後輩に降ろされた格好だし、出番は朝6時からと早い。やはり都落ちの感はありました。だから昨年『おはよう――』の担当になった直後は笑い方もさびしそうで、とても暗く映りました」(同・関係者)

しかし、最近の桑子アナは表情も明るく変わったという。

「桑子アナが担当になってから『おはよう――』は、常に『――9』より視聴率が上。和久田アナはかわいいのですが、妙にクールで東大卒らしい〝お高さ〟がある。視聴者は敏感です。『和久田アナより、桑子アナがよかった』という声が聞かれるのです」(テレビ雑誌編集者)

そうした背景もあり、再び人事がありそうだという。

TBSが特にご執心!?

「『――9』に、また桑子アナを戻す案も出ているようです。仕事帰りのサラリーマンにも、桑子アナのほんわか顔が魅力。復帰が待たれています」(同・編集者)

しかも桑子アナの評価の高さは民放でも抜群。

「TBSが特にご執心です。小川彩佳MCで視聴率不振の『news23』の後任に桑子アナの名前は昨年から出ています。さらに今年9月で引退が決まった夏目三久MCの『あさチャン!』の後任にも浮上。TBSの入れ込みはハンパではない」(同)

さらにフジテレビも日本テレビも同様。

「フジテレビは傲慢で問題が多い坂上忍MCの『バイキングMORE』を縮小もしくは打ち切って、桑子アナのワイドショーにすることを検討中。日本テレビは降板がウワサされる『スッキリ』のMC・加藤浩次の後釜に据えたい。今、桑子アナは本当に争奪戦です」(女子アナライター)

桑子アナの今後が注目だ。

あわせて読みたい