芸能

『イッテQ!』視聴率大惨敗!理由は「出川哲朗」と日テレ判断か~銭で見えてくる『テレビ・芸能マル秘報告書』

『イッテQ!』視聴率大惨敗!理由は「出川哲朗」と日テレ判断か~銭で見えてくる『テレビ・芸能マル秘報告書』
『イッテQ!』視聴率大惨敗!理由は「出川哲朗」と日テレ判断か~銭で見えてくる『テレビ・芸能マル秘報告書』 (C)週刊実話Web

出川哲朗が絶体絶命のピンチだ。何と、レギュラー出演している『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)から降板させられるとの情報が、テレビ界に飛び交っているのだ。その理由は、番組の視聴率にあるという。

日テレ幹部を震撼させたのが4月の番組視聴率。編成関係者が解説する。

「4月11日オンエアの『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)が世帯視聴率15.5%、個人視聴率8.8%に対して、『イッテQ!』は世帯率13.5%、個人9.4%」

ところが、4月18日オンエア回で、大異変が起きた。『ポツン』が世帯16.7%、個人9.4%だったのに対し、『イッテQ!』は世帯12.5%、個人8.9%と、世帯&個人ともに完敗してしまったのだ。

「これまでも、世帯視聴率は毎回、『ポツン』に2~3%近い差をつけられていましたが、個人視聴率においては『イッテQ!』が2~3%の大差をつけて勝っていたのです」(広告代理店関係者)

大惨敗した理由は「出川にある」と判断

世帯と個人の違いは明らかだ。

「世帯視聴率は、家族の誰か1人でも見ていたら『テレビを見た世帯』としてカウントされる。一方の個人視聴率は、家族1人1人が対象で、『何人がテレビを見たか』がテレビに設置されたカメラにより、個人ベースでカウントされるのです。当然、個人視聴率の方が精度が高く、スポンサー受けも良かったわけです」(同・関係者)

日テレは、この大惨敗した理由が「出川にある」と判断したという。出川といえば、タレントのマリエから〝枕営業〟を幇助したと告発さればかり。

「出川は、所属事務所のコメントで一連の告発を全否定。一方のマリエは『絶対にウソではない』とネットで告発し、事実を巡って平行線をたどっている。結果、ネット民を中心に、出川に対する心証が限りなくグレーになっているのです。『イッテQ!』の視聴者の半分は女性です。この種のネガティブ情報には敏感に反応しますから」(芸能記者)

出川は、このピンチをどう切り抜けるのか!?

あわせて読みたい