芸能

『YOASOBI』のikura“グラビアの逸材”と注目集める!出版社が争奪戦か

『YOASOBI』のikura“グラビアの逸材”と注目集める!出版社が争奪戦か
『YOASOBI』のikura“グラビアの逸材”と注目集める!出版社が争奪戦か(画像)Shopping King Louie / shutterstock

昨年から今年にかけて一気にブレークしたユニット『YOASOBI』の ikura(幾田りら)が、出版界からも激アツの注目を集めているという。同ユニットは昨年大みそかの『第71回 NHK紅白歌合戦』に、ヒット曲『夜に駆ける』で初出場。今年に入ってからますます出番増加中で、その人気を上げている。

「紅白ではサポートメンバーも出ていましたが、基本はボーカロイドプロデューサーのAyaseとシンガーソングライターのikuraによる2人組の音楽ユニットです。バックの演奏を控えめにikuraの声をフィーチャーし、とてもシンプルなポップスという感じの曲が多いですね」(音楽ライター)

ikuraは声量がある上、声質にはキレがあり、ストレートに耳に入るタイプのボーカルだ。しかも彼女は音楽以外でも期待の存在だという。

「写真誌や男性週刊誌が、グラビアの逸材として狙っているのです。何とも言えない愛嬌のある顔に豊満なボディー。グラビア展開をすれば、さらなる人気度アップは確実です」(グラビア雑誌編集者)

どこのクラスにもいる人気者といった感じ

ikuraのビジュアルに対する評判もいい。

「多部未華子的な、何とも気になる魅力がありますね。多部はファンから〝ブサかわ〟と呼ばれて愛されていますが、ikuraも系統は同じでしょう。どこにでもいそうな顔で、愛くるしくて誰からも好かれそうないい味を出しています。まさにどこのクラスにもいる65点~70点顔の人気者といった感じです」(同・編集者)

彼女は身長を明かしていないが、ネットなどの分析では153センチとやや小柄。一方、グラマラスなカットも多く見られ、グラビアだけでなく、写真集関係者の間でも評判は高い。

「今や写真集系の出版社の争奪戦になりつつあります。彼女のピチピチバディなら部数30万部以上は確実でしょう」(写真集編集者)

歌手&グラドルで大谷翔平ばりの二刀流を目指してほしい!
【画像】

Shopping King Louie / shutterstock

あわせて読みたい