片瀬那奈(C)週刊実話
片瀬那奈(C)週刊実話

片瀬那奈への女優オファー皆無!YouTubeに“都落ち”で「木下優樹菜パターン」の絶望

女優の片瀬那奈が、12月16日にインスタグラムの再開とYouTubeチャンネル『NANA CHANNEL』の開設を報告。17日午後8時からは、YouTubeチャンネルで「生配信」を行うことも発表した。


【関連】片瀬那奈の周囲ではすでに8人が逮捕…本当に“Xデー”は来るのか?ほか


 

この投稿をInstagramで見る
 

片瀬那奈(@nana_katase)がシェアした投稿



「今年7月、片瀬は同棲相手が薬物事件で逮捕され、自身も尿検査を受けたが、陰性だった。しかし、その件を事務所に報告していなかったことが報じられ、9月30日付で研音を退所。事実上のクビと報じられ、同日付でオフィシャルサイトや公式SNSも終了していました」(芸能記者)


再開したインスタの初回投稿で片瀬は、「お久しぶりです! 初めましての方もいらっしゃると思いますが片瀬那奈です インスタをまた始めました」とあいさつ。YouTubeチャンネルでの生配信について、「なぜYouTubeを始めることにしたのかは、そこでゆっくりお話したいと思っています」とし、「日々の生活がちょっとでも楽しく、心が豊かになれるような配信をしていきたいと思っています」と意気込んだ。


https://www.youtube.com/watch?v=IHur_kg-QEI

ドラマ撮影現場での“素行不良”

「薬物疑惑については、結局〝グレーゾーン〟のままですから、今に至るまで、どこの芸能事務所からも誘いがなかった。そこで、宮迫博之や木下優樹菜、TKOの木下隆行といったテレビ界を追われた多くの芸能人のようにSNSでのビジネスに活路を求めることにしたようですね」(同・記者)


ニュースサイト『SmartFLASH』では、ドラマの撮影現場での片瀬の〝素行不良〟が報じられている。普通は台本を読んだりして真剣な態度で演技に取り組むものだが、片瀬は現場でずっと喋りっぱなし。ハイテンションでバカ話をするなど、大騒ぎしていて「話の合う奴がいないよ!」と不満を漏らしていたという。


「台本の覚えも滑舌も悪く、女優として大成するため、しっかり練習しているという感じではなかったそうです。今までは研音の力があったから、いろんな映像作品に出演できていましたが、その後ろ盾も失った。現場での態度も悪いとあっては、わざわざ片瀬を使おうとする制作スタッフもいないでしょう。SNSやYouTubeにはある程度のファンがつくかもしれませんが、女優業は開店休業状態になりそうですね」(民放関係者)


40歳という年齢の割にスタイルはなかなかなので、〝裸一貫〟で出直す覚悟があったら需要はありそうだが…。