ザ・タブー

エッチな悩み一発回答!『Dr.みなみのSEXチン療所』=2021年5月6・13日号掲載分

エッチな悩み一発回答!『Dr.みなみのSEXチン療所』=2021年5月6・13日号掲載分 
エッチな悩み一発回答!『Dr.みなみのSEXチン療所』=2021年5月6・13日号掲載分 (C)週刊実話Web

「またVRの新作が出ました。私がボンテージ姿の痴女となって、攻めちゃいます! 私に見下されながらチ○ポを踏まれたり、強制的に騎乗位でぬかれたり…。さらに〝バイノーラル録音〟という最新技術で、ヘッドフォンを付ければ私が耳元で喋っているような感覚も味わえます。ゾクゾクを味わいませんか? まだコロナで不要不急の外出を控えないといけませんが、是非、この最新作で、お部屋で絶叫してください(笑)。それでは、今週の相談にいってみましょー!」

《最近、彼女ができました。SEXでもっと感じさせるよう愛撫が上手くなりたいのですが、「風俗は厳禁!」と言われています。どこで練習すればいいですか?》(滋賀県・42歳・男性)

「まぁ、本当は『HOW TO SEX』みたいな教則本やDVDを見るのが一番なんでしょうけど、正直言えば、体って千差万別。感じる部分も違うんですよね。2人で話し合いながら試すというのが一番だと思います。でも、なかなか性を打ち明けるのは難しいですよね、付き合ってすぐは」

――確かに。

「相手の反応を見て感じる部分を探すのが一般的でしょうけど、それって、ある程度の経験に基づいた〝見る目〟が必要だと思います。やっぱり、風俗に行って経験を積む…はダメでしょうかね?(笑)」

――彼女を裏切りたくないみたいですね(笑)。

「性器に触れない『メンズエステ』とかはどうでしょうか? いわゆる〝ヌキ〟がない店ですけど、下腹部の際の際まで攻めてくれるみたいな。それならギリギリ裏切りじゃないのでは? そこで、エステティシャンの体には触れずに、じっくり施術してもらうんですよ。あの人たちは男性の〝感じるツボ〟を熟知しているはず。マッサージの気持ちいいと、SEXの気持ちいいは、通じる部分があると思うんです。その施術の技術をしっかり学んで、彼女に試してみるとか」

――なるほど。

「やっぱり女性も、感じる体になるには準備が必要です。それがマッサージならば、リラックスできると思います。下半身を執拗に揉めば、血の巡りもよくなって感度アップ! 揉まれて気持ちいい、おまけにSEXも気持ちいい。『性体験、本当に少ないの?』ってなるのでは? 何度も試行錯誤してみて、頑張りましょう!」

『マ○コ痛いよ!』事件が多発!?

《妻(50歳)を潮吹きさせたいのに、なかなか達成できません。なにかコツはありますか?》(青森県・55歳・男性)

「手マンの相性がよくないのかもしれませんね。潮吹きできない手マンって、もしかしたら痛いかもしれませんし、最悪、腟内が傷ついて膀胱炎など病気になる可能性があるから、やめた方がいいですよ!」

――全否定ですね(笑)。

「ええ。相性は本当にあるんです。昔、加藤鷹さんが潮吹きを認知させ、鷹さんの真似をする一般男性が続出し、かなりの女性が『マ○コ痛いよ!』となる事件が多発したそうなんですね。鷹さんは、めり込むほど深爪にしていたし、女性器の扱いに長けていました。それでも、吹かない女優さんはいたそうなんです。でも、別の男優さんでは吹いたという話も。やっぱり、相性ってあると思います」

――なるほど。

「私も〝潮吹き男優〟さんに手マンされたけどダメな1人でした。相手男優さんは焦り気味で、一生懸命だったけど、焦って強めにやられるほど痛い…という悪循環。これは頑張っても、どうこうなるものではないと思うんですよ。潮吹きに夢見る気持ちは分かりますが、別に、吹く瞬間に絶頂感はないし、ただ『漏れちゃった…』という感じなんですよね。そんなことより、的確に絶頂できた方がいいはずですよ。ほかにやることはたくさんあります。だから相談者さん、もう潮吹きに執着するのはお止めなさい(笑)」

アナルを舐めて体調不良になったら…

《最近、女性のアナル舐めを趣味にしています。女性それぞれに味があり、山椒のようにしびれるのが好きです。私はおかしいでしょうか?》(大阪府・47歳・男性)

「AV業界には〝しみけんさん〟という人気男優がいますけど、生粋のアナル好きなんですね。どうやら『うんこ占い』もできるそうで、撮影時にアナルを舐めてきて、『○○ちゃん、今日はまだトイレで〝大〟をしてないでしょ!』とか当ててくる(笑)」

――それは当たるんですか?(笑)

「はい。高確率で当たるんです(笑)。それが嫌、っていう女優さんがいるのも事実ですが、私は割と平気ですね。アナル舐めが趣味というのを嫌がる女性は確かにいるとは思います。本来はう○ちを出す場所ですからね。いくらお風呂でキレイに洗っても、多少、ばい菌も付着しているでしょうし」

――確かに。

「その相談者さんの〝山椒のようにしびれる〟って、もしかしたら毒の部分かもしれないでしょ?(笑) 例えば、自分が愛するパートナーがアナルを舐めて体調不良になっていたら、『バカなのかな…』と少し愛が冷めるかもしれませんね(苦笑)。だから、どうしても舐めたいならば外でやるのがいいかもしれません。風俗とか、お金支払っている関係性なら思う存分、舐められるし、そこは自己責任でしょうし。ただ、相談者さんも年齢的に体力が落ちてきているだろうから、本当に体調がいいときだけに限定した方がいいと思いますよ(笑)。あ、私は、舐められるの自体はそこまで嫌いじゃないです!」

小島みなみ=1992年12月14日、神奈川県出身。血液型=A型。趣味は散歩とディズニーランドで遊ぶこと。特技はテニス。T150、B85(Eカップ)・56・83センチ。最新作=『【M性感】ボンテージ痴女の【五感超越】極限焦らし調教 極上チ●ポドレナージュでドッピュドピュ6連続射精185分フルコース』(S1)が好評発売中! みなみ先生の新作情報は「S1」の公式サイトを要チェック!! 公式ツイッター=kojima373

あわせて読みたい