芸能

マリエ怒り爆発“枕営業の従犯”出川哲郎に「気の毒」の声

マリエ怒り爆発“枕営業の従犯”出川哲郎に「気の毒」の声
マリエ怒り爆発“枕営業の従犯”出川哲郎に「気の毒」の声(C)週刊実話Web

モデルのマリエが告発した島田紳助氏による〝枕営業疑惑〟騒動は、〝従犯〟として名前が挙がったお笑いタレントの出川哲朗に飛び火。15年も前のことであり、双方の主張が異なっているため、しばらくラチが明きそうもない。

「とはいえ、5月中にマリエは本を出版する予定。インスタグラムの告発配信はその予告で、暴露本ではないかともウワサされています。出川の事務所は事実関係を否定していますから、もしそれを覆すような内容だったら…」(芸能ライター)

超セレブとして2005年にデビューしたマリエは、バラエティー番組『世界バリバリ★バリュー』(TBS系)や『クイズ!ヘキサゴン』(フジテレビ系)に出演していたが、突然、番組から消えた。マリエは2番組に出演していたころ、MCを務める紳助氏にあいさつしなかったことで、後日、呼び出された。その場で紳助氏から枕営業を強要され、拒否したとしている。

さらに、居合わせた出川に対しては、当時18歳のマリエに〝やらせろ、やらせろ〟と枕営業を煽ったとして怒りを爆発させている。

いつの間にか“主役”になってしまった出川

出川は1986年に映画『男はつらいよ』シリーズに端役として出演。その後、『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』(日本テレビ系)などのバラエティー番組で露出を増やし、どんどん頭角を現した。体を張った芸で、お笑いタレントとしての地位を確立していった。

「『アッコにおまかせ!』(TBS系)では、和田アキ子にイジられるキャラでお茶の間に浸透。『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では、リアクション芸が好意的に受け入れられました」(バラエティー番組制作スタッフ)

17年からは初冠番組『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(テレビ東京系)がスタート。今ではレギュラー番組5本以上、ソフトバンクなどの企業CMにも引っ張りだこだ。

「マリエ告発騒動の主役は、いつの間にか出川になってしまった。気の毒としか言えません」(お笑い関係者)

出川の胸中は〝ヤバいよ、ヤバいよ〟?

あわせて読みたい