社会

神戸山口組最高幹部・奥浦清司元顧問“引退胸中”全文掲載!

神戸山口組最高幹部・奥浦清司元顧問“引退胸中”全文掲載! 
神戸山口組最高幹部・奥浦清司元顧問“引退胸中”全文掲載! (C)週刊実話Web

東大阪市内の喫茶店に現れた神戸山口組(井上邦雄組長)・奥浦清司元顧問は、開口一番、「ホッとした」と安堵の表情を見せた。定例会などで漂わせる緊迫した雰囲気はなく、時折、思いを馳せるように窓の外を眺めて言葉を続けた。

ただ、引退後の「新しい人生」に触れると、眼光は鋭くなり口調も熱を帯びた。

「ヤクザでも俺みたいな人間がおんねん、ということを伝えたいんや」

半世紀にわたって歩んだ渡世。足を踏み入れるきっかけとなった「ボンノ」こと菅谷政雄組長との縁、「一番好きやった」と話す波谷守之・波谷組組長との秘話、そして、自身も渦中に身を置いた山口組の分裂について、胸中を明かした。

明治生まれの両親は九州出身で、共に教職員だった。大阪で結婚し、戦中の昭和18年、奥浦元顧問は旧枚岡市(現・東大阪市)で長男として生を受ける。

「両親には、ようどつかれたわ。『先生、先生』呼ばれて厳しかったからね。生活は裕福でもなく貧しくもなく、普通やった。でも、物心付いたのは戦後やったから、『ギブ・ミー・チョコレート!』言うて進駐軍のジープ追いかけてね。黒人の兵隊のほうがよくくれる言うて。その頃はみんな親が死んだり、満州から引き揚げてきたりいろいろあって、私も小学校高学年ごろからヤンチャになっていった。竹のムチでようどつかれとったけど、暴力言うても愛情やったね」

人一倍、正義感が強く、教員のやり方に納得できないことも多々あった。

「不条理なことで叱られて、お寺の縁の下に隠れたこともあった。そんなことばっかり。まあ、ヒロポンも新聞紙に包んで売られとった時代やからね」

奥浦元顧問が16、17歳の頃、母親が40代の若さで病死。それをきっかけに、不良の道を歩み始める。

「家には帰らなかった。戦後の混乱が少し落ち着いていたけど、金の力で道理に反することや不正義がはびこっていた。今では考えられんようなことが起きていたから。あちこちに不良グループがあって、私も自然と集まって、四畳半のアパートを借りて雑魚寝したりね。いい思い出ばかり」

「司六代目に対して一番に思うことは…」

当時から組織との交流があり、27歳で激戦区の飛田新地に事務所を構えた。

「奥浦組はここから旗揚げした。菅谷組の枝(系列組織)でね。弱いから徒党を組んで集まって、10何坪の狭いところに10人くらい寝させとった。みんな金がないから彼女やら連れ込んで、19歳から一緒のうちの嫁さんが、たくあんとご飯出してね。その時代、誰でも出発は苦労しとる」

旗揚げから2年後、菅谷組長の盃を受け直参となる。人生で初めての盃だった。

「ギャング団のボスやったから、『親分』言うと怒りよった。亡くなったあとも、ボスの親族とは交流がある」

昭和52年、三代目山口組直参だった菅谷組長が絶縁処分を受け、奥浦元顧問も人生の岐路に立つ。

「ボスが絶縁になったとき、舎弟やった波谷さんが『辛抱するしかない』と言ってね。バンバン撃つような時代やったから。波谷さんにはいろいろ教えてもらい、本当の弟みたいにしてもらった。一番好きやったね」

菅谷組が解散した昭和56年、奥浦元顧問は三代目山口組直系・長谷組(長谷一雄組長=引退)の舎弟として、山口組に復帰。長谷組では奥浦聯合を率いて、生まれ育った東大阪を中心に勢力を拡大していった。

平成元年6月、渡辺芳則五代目体制が発足し、長谷組から直参に昇格。五代目山口組は直系組織数120を超え、当時、奥浦組も組員数560人を誇ったという。

「三代目の田岡(一雄)の親分は、終戦後の日本の治安を守るために組織を成長させてくれた。雲の上の人やった。四代目(竹中正久組長)は、ええ、悪いがハッキリしとって、例えるなら桜の花のような人やった。見事で、きれいで、ほんまに邪念のない…。五代目は、いろんなことがあっても組織を固めてくれた。今の六代目(司忍組長)に対して一番に思うのは、総本部に国旗を揚げてくれたこと。国への敬意を表してくれて、ものすごく嬉しかった」

しかし、平成27年8月に山口組が分裂。奥浦元顧問も離脱メンバーに名を連ね、神戸山口組の顧問として内情を見つめ続けてきた。

「本来の夢、自分がしたいことがある」

「人間は人の思いと違うこともある。『同床異夢』やね。歴史はあとで分かることや。ただ、山口組を潰すために出たわけではないから、『神戸』の名前を付けた。山口組が少しでも正しいほうに向かって、悪やなしに善のほうが多いというのを示してくれればええと思う。田岡三代目が初めて綱領を作って、そこに『国家社会の興隆に貢献せんことを期す』とも記されとるからね」

その教えに則すべく、地元・東大阪を守り、組員たちにも伝えてきたという。

「我々の社会の原点は、地域を安定させることでしょ。国家無くして組織無し。ヤクザの世界も、国がないと存在せんからね」

地元の町会などからは幾度も感謝状を送られ、親分として親しまれてきた。

「10年くらい前、事務所の近くで火事があってね。詰めとった組員がハシゴ持って駆け付けて、燃え盛る家の窓割って、近所のおばちゃんを助けたことがあった。救助した組員もケガして病院に運ばれた。私も駆け付けたけど、他にも知らんところで組のもんはいろいろしてくれて、あとから『会長ありがとうございました』と、住民からお礼を言われることもあった」

今も商店街を歩けば、ひっきりなしに声が掛かる。

「(ヤクザを)辞めんでくれ、辞めたらどないすればええんやと言われたり、地元のおばちゃんにも『死なんといて』言われる(笑)」

現在77歳、今年の12月には78歳を迎える。そのことも、引退を申し出る一つのきっかけだったという。

「横着もんやったから27歳で糖尿病、あとは喉頭癌に網膜剥離、腎臓移植もしとる。秋田県にある玉川温泉が癌に効くいうて、1年半かけて毎月10日間ほど通ったら良うなった。毎日、運動して昨日も2万歩あるいたけど、自分で自分の寿命は分かる。ただ、心まで老いたら終わりや。もう77歳で先が短い。本来の夢、自分がしたいことがある」

それは、奥浦元顧問の個人名で各関係先に送られた挨拶状にも、《今後は現在の国体を危惧し憂い愛国心を以って 国家社会の為に今何をすべきかを考え行動して 参る所存で御座居ますれば》と記されていた。

「国を守りたい」という思い…

「やりたいことがあると、私は周囲にも言うてきたからね。奥浦組も解散。決意表明も含めた引退の挨拶になるかな。反社言われて、自分のできることが何もなくなる。終戦後、田岡三代目は親もない金もないような、いろんな家庭環境の人間を導いていたが、今は反社と呼ばれるようになった。このまま終わったら虚しくて。国の外を向いても中国に侵略されつつあり、新型ウイルスまで及んで、これで日本は大丈夫か? と思う」

26歳の頃、「日本人の美学」を記した書籍に触れ、感銘を受けたという。

「私がヤンチャなときでね。その本には『日本人というのは、冬の寒々しい大根畑に植わった大根の白さと、その上に乗った葉っぱの青さだ』とあって、雪が積もった中で、白い大根から青々しい葉っぱが凜と生えている風景に例えていた。『それが日本人の美意識だと思う』と。それから勉強するようになった」

戦中に生まれ、戦後の激動の中で育った奥浦元顧問。期せずして見たある夢のことを、今でもはっきり覚えていると話す。

「私が腎臓移植の手術を受けている最中に、日本の敗退兵の人、兵隊さんが足を引きずって銃も引きずって逃げている夢を見た。私は夢の中で子供でね、『何してん、おっちゃーん!』って言いよる。でも、兵隊さんは黙って、ひと言もしゃべらん。そういうこともあって、死んでいった人たちのためにもできることをしたいと。目の前にある問題に目をつぶるのではなく、一人でも声を上げなければ。今は、ものすごく爛々としている。私はそれで死んでいこうかと思うとる。明日、死ぬとも限らんけどな(笑)」

長時間にわたるインタビューの中で、疲れた様子を見せることもなく、「国を守りたい」という思いを繰り返した。それは地域の治安維持に始まり、地元の神事にも尽力してきた奥浦元顧問だからこそ抱いた危機感からなのかもしれない。

「ヤクザいうのは国から削除されていく。こうして話すことで売名行為とも言われそうだが、どうしても声を上げたかった。残りの人生は新しい人生であり、不安も一切ない」

山口組の分裂については、「残っとるもんもおるから…」と多くを語らず、窓の外を見て言葉を飲み込んだ。

その瞳には、半世紀にわたって生きた渡世への思いと、生まれ育った東大阪の街並みが映っていた――。

あわせて読みたい