ザ・タブー

噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~フリーアナウンサー・夏目三久

『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~フリーアナウンサー・夏目三久 
『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~フリーアナウンサー・夏目三久 (C)週刊実話Web

今回は、有吉弘行との電撃婚が報じられた、フリーアナウンサー・夏目三久を取り上げよう。

バランスの取れた好相の持ち主で、性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼の三日月形の部分)の膨らみと、豊かな和気を含んだ眼光が、局アナ(日本テレビ)時代からほとんど変わっておらず、性愛に対する高いポテンシャルを維持している。

目が大きく(陽性で開放的な心性)、黒目も大きく(感情豊か)、垂れ目(愛され上手)で、男性受けのよいモテ相の持ち主だ。

口が大きめで門歯(上列の前歯2本)も大きく、もみあげが豊かで眉が濃く(どちらも男性ホルモン豊富の相)、タフで濃厚な交わりを楽しめる。

また、肉厚の田宅(上瞼)は熟女の年代に性欲が増す相なので、10歳年上の有吉は妻の「要望」に応えるためにも簡単に老け込むわけにはいかないだろう。

結婚発表後のTV画面で見ると、高揚感からか眼光に水気が増し、目の周囲の気血色(色艶)も照ったようによくなっていて、現時点の【官能度】【スタミナ度】は、ともに「4」と高い。

ちなみに、豊富なもみあげと眉毛は濃厚な情愛を示し、表現を変えると(夫や恋人に対する)強い執着心の現れで、その分、浮気には厳しくなる。

また、彼女のような細く長い首の女相は、美的センスに優れる一方で好悪の感情が激しく、嫌悪感を抱くと尾を引きやすい。尖ったアゴ先にも同様の傾向があり、うまくいっている間はすこぶるよいが、ひとたび関係がこじれると修復に時間がかかる女相だ。

【あげまん度】は低いが有吉との相性は超良好!

鼻が長めで眉も長いのは慎重と深慮の現れで、モテ相の暴走を抑えており、【モテ度】は「3」どまり。

先天的名器度を観る風門(耳穴の下の溝)は広めながら、狭い眉間が風門の凡相を補っていて、【名器度】も「3」と観る。

正面から鼻孔の見えない鼻は、守秘と倹約のセンスを備えた良妻相ながら、若い頃に比して頬の肉付きが少し落ちた分、家庭運を落としている。トータルで観て、【良妻度】は「3」寄りの「4」。

やや三日月形の眉が辛うじてあげまん要素ながら、他にあげまん相がなく、【あげまん度】は「1」寄りの「2」と低くなった。

有吉は眉が薄く(情より知にまさり)、小口(細心でよく気が回り)で、耳の位置が低く(智に長けて)、唇が薄め(弁が立つ)で、下停(鼻下からアゴ先)相が弱く、晩年運に弱点を抱える。

一方の夏目は、鼻以外の各パーツの相が真逆で、下停相も強く、夫婦で互いの弱点を補い合っている。

夫婦の相性では、鼻相は同タイプが吉、鼻以外は逆の相補的な相が吉で、2人はこの法則にピタリとはまっており、相性は超良好と判じて間違いない。

劉飛昶(リュウ・ヒチョウ)

観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

あわせて読みたい