芸能

TBS『ラヴィット!』視聴率1.1%の衝撃!「打ち切りが常識」の数字

TBS『ラヴィット!』視聴率1.1%の衝撃!「打ち切りが常識」の数字
TBS『ラヴィット!』視聴率1.1%の衝撃!「打ち切りが常識」の数字 (C)週刊実話Web

TBS系の朝の情報番組『ラヴィット!』が、目を覆うほどの視聴率の低さを記録。早くも「打ち切り確定」が囁かれているという。

「番組MCを務めるお笑い『麒麟』川島明と局アナの田村真子アナの〝ヒキツリ笑い〟が話題です。前番組『グッとラック!』が事件、スキャンダルを追うワイドショー系で視聴率2~3%で打ち切りとなり、『ラヴィット!』は真逆に活路を見いだしてニュースを一切追わない生活情報のみに特化。前宣伝でも大々的にブチ上げました。しかしながら、生活情報番組というのは耳障りはいいものの、ウリが見えない。何をもって生活情報とするのか、視聴者も困惑しているようです」(テレビ雑誌編集者)

初回の3月29日から視聴率2.7%、以降も同2%前後の推移が続き、4月9日には何と1.1%の驚くべき数字を記録した。

「12日の月曜日には5.6%が出ましたが、これは直前まで放送していたゴルフの『マスターズ』の延長分の視聴率が『ラヴィット!』の視聴率としてカウントされたからでしょう。何はともあれ、情報番組の1~2%台常態化は、打ち切りが常識。リニューアルして部分的な内容変えをしても『つまらない』というイメージが視聴者の頭に残るからです。もう完全に打ち切って別番組に一新した方が賢明ですよ」(同・編集者)

見てもいないのにテレビをつけている!?

さらに同番組の視聴率は致命的な問題があるという。

「わずか10回程度の放送で視聴率1~2%台を連発しているというのは、別に見ていないのにとりあえず、そのチャンネルがついているという〝無興味派〟だとされます。見てもいないのに、いつも同じチャンネルのまま。自宅のネコや犬のために画面を見せている可能性さえあります。〝ワンニャンチャンネル〟と呼びます」(同)

当然、このまま放送が継続されるとは考えにくい。

「極端なのは3カ月打ち切りです。2時間放送の情報番組はゲストもスタッフも多い。番組をサッサとやめた方が傷口が小さい。2つ目は半年後に川島と田村アナ、不要コメンテーター全員が降板。別MCにし、番組が変わったように装う。これもダメだったら終了。1%番組の復活は常識にはあり得ません」(TBS関係者)

やはり3カ月で終わった方が賢明!?

あわせて読みたい