芸能

フジテレビ逆ギレ!? 女子アナ「ステマ疑惑」…全員処分なら業務に支障が出るレベル

フジテレビ逆ギレ!? 女子アナ「ステマ疑惑」…全員処分なら業務に支障が出るレベル
フジテレビ逆ギレ!? 女子アナ「ステマ疑惑」…全員処分なら業務に支障が出るレベル (C)週刊実話Web 

放送法の外資規制違反が発覚したばかりのフジテレビに、今度は複数の女性アナウンサーが「ステルスマーケティング」に関与していた疑いが浮上。局内で調査を受けていることを、4月15日発売の『週刊文春』が報じた。

「同誌によると、フジの女子アナたちは、都内にある芸能人御用達の美容室に通い、ヘアカットのみならず、その系列店でネイルやマツエクなどのサービスも受けて料金は無料だったそうです。その見返りに、店の看板の前で撮影するなどして、来店したことをインスタグラムなどのSNSで公開していたとされています」(スポーツ紙記者)

そもそもステマとは、「消費者に宣伝と気付かれないようにされる宣伝行為」が定義。この行為が大問題となったのが、2012年に発覚した「ペニーオークション詐欺事件」だった。

「手数料を払わないとオークションに参加できないサイトで、実際は高額にならないと落札できない仕組みなのに、複数の芸能人が《定価より安く落札できた》などとブログに投稿。入札者から手数料をだまし取っていた業者が、こうした芸能人に謝礼を支払っていたことが判明したのです。結果的に詐欺に加担していたタレントの小森純やほしのあきは、すぐに謝罪したものの、芸能界から姿を消してしまいました」(同・記者)

今回、ステマに手を染めていたと指摘された女子アナは、3月末から『めざましテレビ』のMCに抜てきされた井上清華アナをはじめ、宮澤智アナ、久慈暁子アナ、堤礼実アナ、三上真奈アナ、杉原千尋アナ、海老原優香アナの計7人に上る。

全員を処分すると業務に支障が出るレベル

「アナウンス部長が〝火消し〟に走ったようだが、女子アナ7人で数百万円に及ぶサービスを受けていた計算になる。本来ならばペナルティーを受けてもおかしくない事案だが、1人を処分してしまうと全員処分しなければならず、そうなると業務に支障が出てしまう。とても処分はできないだろう。問い合わせのあったメディアに対して、フジの広報は『何が悪いの?』というような口調で逆ギレしているというから救いようがない」(他局の報道番組関係者)

エース格の三田友梨佳アナも、別の美容室で同様の行為に手を染めていたとされ、局から〝事情聴取〟を受けているという。

「彼女は平日夜の『Live News α』や日曜夜の『Mr.サンデー』といった報道番組のキャスターですからね。事実であれば、あまりに脇が甘いと言わざるを得ない」(同・関係者)

他局のワイドショースタッフもあきれ顔だ。

「民放キー局の中でも、特にフジの女子アナはタレント意識が強い。芸能人が通うような店や、金持ちの男も大好き。ただ、そういう伝統だから、フジはいまだに〝女子アナ30歳定年説〟があり、そうやって浮かれているうちに年齢だけを重ね、女子アナとしてはさみしく第一線から退くことになる」

彼女たちが画面からステルスする(見えなくなる)のも時間の問題か。

あわせて読みたい