ザ・タブー

噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~お笑い芸人・吉住

噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~お笑い芸人・吉住
噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~お笑い芸人・吉住 (C)週刊実話Web 

今回は、昨年末の「第4回 女芸人ナンバーワン決定戦 THE W」で優勝したピン芸人・吉住を取り上げよう。

一重瞼の和風の顔立ちで、口も小さく、一見、大和撫子っぽいおとなしい印象に映る。しかし、頬骨とアゴ先が前に突き出て、鼻も高さと肉付きがあってしっかりしており、相学的には三権面と呼ばれる強い女相で、なかなかアグレッシブで行動的な心性の持ち主だ。

彼女の顔相の特徴は、まず眼。①切れ長、②一重瞼、③上がり目(特に右)、④臥蚕(下瞼の三日月形の部分)が乏しい、⑤(素の表情では)眼光に水気・和気が乏しい、⑥黒目が小さい(程度は軽い)、⑦目頭に切れ込みがない――などだ。

エロスのポテンシャルが総じて低く(④⑤)、性愛には慎重かつ深慮(①②)なのに加え、セックスアピールが弱い(②⑤⑥)。そのため男受けがイマイチ悪く、欲得づくで男に媚を売るタイプでもない(⑦)ので、男縁がどうにも薄くなってしまう。

気は、かなり強く(③⑥と三権面)、彼女に好意を抱く男が果敢に挑んでも、男のペースに唯々諾々と従うタイプではないため、スムーズにコトは運ばない。

しかも彼女は、上唇(与える愛・能動愛)より下唇(求める愛・受動愛)の方がかなり厚く、基本「待つ女」で、自らアクションを起こさないため、ますます恋愛成就が難しくなる。

令和女性としてはかなり高い【あげまん度】

彼女は口相も特徴的で、歯が小粒で歯列のアーチが小さく、歯列もやや内向きで、よくも悪くもかなり女性的なキャラだ。

よい方が出れば淑やかで、よく気が回る(高い良妻性)も、悪い面が出れば、いわゆる「いけず」で、陰湿・腹黒さから男をうんざりさせる。

今のところ【官能度】は「2」と低く、【モテ度】もこれといった尻軽相がなくて底上げされず、「3」寄りの「2」。

スタミナに欠ける口相ながら、がっしりとしたアゴの骨格と肉付きが補っていて、ソノ気になれば一晩で2交3交と楽しめる潜在「性力」はある。【スタミナ度】は「4」寄りの「3」。

先天的名器度が現れる耳穴の下の溝が良形ながらやや広めで、後天的名器度を示す口元の肉付きはよいとは言えないものの締まりはよく、【名器度】は「2」に近い「3」の平均値と観る。

三権面は、後家相(夫や恋人の運気を破る相)の典型ながら、彼女の場合は口が小さく、引っ込んでもいて良妻性を補っており、肉付き豊かな広い頬に家庭運のよさが現われている。【良妻度】は「4」寄りの「3」のやや高となった。

すっきりした口元と上がり目があげまん相で、おとなしい臥蚕(下瞼の三日月形の部分)と女性的な眉もプラス要素。三権面を差し引いても、【あげまん度】は「3」寄りの「4」と、令和女性としてはかなり高い。

劉飛昶(リュウ・ヒチョウ)
観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

あわせて読みたい