芸能

加藤綾子が明石家さんまを盾に“フジテレビの女帝化”一直線!

加藤綾子、明石家さんまを盾に女帝化!?
加藤綾子、明石家さんまを盾に女帝化!? (C)週刊実話Web

〝カトパン〟こと加藤綾子が、フジテレビ内で〝女帝化〟しているという記事が夕刊紙に掲載され、波紋を呼んでいる。

「加藤はフジテレビ在職時代、当時の社長に寵愛され、フリーになるにあたっても新番組『スポーツLIFE HERO’S』を用意されました。しかし、同番組は視聴率2%と大惨敗で打ち切りに。明石家さんとの『ホンマでっか!? TV』は、一桁台の視聴率なのに継続し、10月で丸12年になります。何と言っても、さんまは加藤にベタぼれですからね。いつまでも共演したいから、あえてリニューアルを拒み、今の体制で続けるよう局に圧力をかけているのです」(フジテレビ関係者)

現在、加藤がMCを務める夕方のニュース番組『Live News イット!』も視聴率4~5%と低迷。民放4位が指定席だ。

「新番組としてスタートとして2年が経過。東京五輪内でのニュースキャスターを務めることになっていますから、最低10月、もしくは年内いっぱい続く予定。まだまだ粘りそうです」(同・関係者)

加藤が局アナ時代から続いている番組は『ホンマでっか――』以外なし。フリー転向後も『――イット!』以外、すべて打ち切りになっている。

既婚者のカトパン信者もワンチャン狙い

「フジには、今も加藤にゾッコンな幹部がいるんです。だから、さんまの推しがなくても支えてくれる。すでに、幹部プロデューサーのA氏が『イット!』打ち切りに備えて情報番組を企画中だといいます」(他局の関係者)

A氏は50代のバツイチだという。さんまとのカトパン争奪戦に発展するかもしれない。

「実際に加藤は、100億円を超すとウワサされる財産を持つさんまをフッた過去があります。これまでは、さんまの局への影響力を考慮して、付かず離れずの距離感を保っていましたが、A氏の後ろ盾があれば、さんまを袖にするかもしれませんよ」(同・関係者)

加藤は、A氏以外の局員にもモテモテだという。

「50代、60代の局員なら、彼女の全盛時を知っていますから、誰もがカトパンをゲットしたい。離婚経験者のみならず、既婚者すらワンチャン狙っているはず。自分が安泰だと分かっているからこそ、態度が大きくなり〝女帝化〟しているとバッシングされるのでしょう」(女子アナライター)

最近、ニュースでの加藤は目付きが悪く、口を曲げてエラぶった感じで話すと評判が悪い。かつてのアイドルアナも三十路の半ば。性格の悪さが顔に出てくる時期だ。

あわせて読みたい