TBS (C)週刊実話Web
TBS (C)週刊実話Web

“赤坂のドン・ファン”小林廣輝アナTBS退社!「こんな事で人生棒に振るなんて…」の声も

TBSの小林廣輝アナが、7月6日に自身のインスタグラムを更新。今月末でTBSを退社することを発表した。


[hidefeed]

[/hidefeed]


「2022年7月末でTBSを卒業致します!」と報告した小林は、「報道現場で取材に協力して下さった皆様、スポーツの現場で取材に応じて下さったアスリートの皆様、未熟な私を支えてくださったラジオ・テレビ番組関係者の皆様、出演者の皆様、出版社の皆様、そして何より日頃から応援して下さった視聴者の皆様、本当にありがとうございました!」と感謝の思いをつづっている。


【関連】斎藤ちはるアナに心配の声!小林廣輝アナが「道具」を使った相手は…?ほか


また、仕事については次のように振り返った。


「報道・情報・バラエティ・ラジオ・ナレーション現場で、至らぬ自分がどうしたらラジオ・テレビの前の皆様が楽しい日常を送る一助となれるのか、、と格闘した日々でした。 そういった環境でもがき続けて来られたのも、皆様のお陰であると今強く感じております。学生時代から憧れていたTBSで働けて本当に幸せな時間でした」


大学在学中に「ミスター慶應コンテスト2015」で準グランプリに輝き、鳴り物入りで18年に入社した小林アナは、イケメンアナとして人気だったが…。

「もう胡散臭いイメージしかない」

「昨年6月、一部週刊誌にテレビ朝日の斎藤ちはるアナとの熱愛がスクープされました。当初は『お似合い』と祝福されましたが、その後、複数の女性をナンパしてはヤリ捨てていたことが発覚。6股交際疑惑に発展し、自宅に女性用のジュエリーや大人のオモチャまであったことも暴露されてしまい、女性ファンが一気に離れていったんです」(スポーツ紙記者)


小林アナが担当していた番組は全て出演見合わせとなり、以降はナレーションを担当するなど、事実上表舞台から姿を消していた。


ネット上には、退社やむなしの声が多い。

《イケメンだったけど、女癖は最悪だったね。完全に干されてたし、辞めるしかないよなw》


《もう胡散臭いイメージしかないし、爽やか推していくには無理があるもんね。完全に調子に乗っちゃったね》


《調子乗りすぎたね。こんな事で人生棒に振るなんてもったいない》


《誰かと思ったら6股の人か。もはや声だけでも不快だったもんな。辞めるしかないだろうね》

あまりの放蕩ぶりに、〝赤坂のドン・ファン〟と呼ばれた小林アナだが、退社後は学生時代の友人たちと教育系の会社を起業するという。


「これだけのスキャンダルを起こした人物の新たな挑戦が〝教育系〟というのも微妙ですが、フルボッコに叩かれまくった出版社にも感謝の気持ちを伝えているところをみると、根はピュアな好青年なんですよ」(前出・スポーツ紙記者)


まだ28歳という若さ。心機一転、新天地で頑張る姿を見守ってあげたい。