芸能

ドン引き!『めざまし8』の企画に視聴者「ケチくさい!」と大ブーイング

ドン引き!『めざまし8』の企画に視聴者「ケチくさい!」と大ブーイング 
ドン引き!『めざまし8』の企画に視聴者「ケチくさい!」と大ブーイング (C)週刊実話Web 

俳優・谷原章介がMCを務める朝の情報番組『めざまし8』(フジテレビ系)に、1日1000円で生活する〝節約の達人〟が出演。視聴者から「ケチくさい!」と大ブーイングが巻き起こっている。


この日、番組では1日1000円で生活しているという女性が出演。スーパーのレジの前で一品減らす、調味料を使わずに納豆のタレで味付けするなど、独自の節約方法を披露した。しかし、あまりのケチくささに視聴者がドン引きしている。

ネット上には、

《節約の達人ヤバいな…。ただケチなだけじゃん》
《デリバリーのチラシをランチョンマット代わりにして食べてる気分を味わうって…。何か心まで貧しくなってくる》
《人様の生活スタイルをとやかく言えないけど、ケチの達人は生きてて楽しいのかな? 節約することが生きがいなら別にいいんだけど…》
《ここまで節約して毎日楽しく暮らせてるのかな? 私はこんな生活は絶対イヤだ》
《年金暮らしに希望が持てないということだけはひしひしと伝わった》

などと哀れむ声が続出していた。

『めざまし8』視聴率は好調だけど…

「登場した女性は、アテにしていた年金が思ったほど多くなかったことで節約生活を始めたといいます。しかし、知恵を使った節約術ではなく、単にケチな生活をしているだけだったのが、救いのない話でしたね。また、レジ前で商品を減らすという方法は、コロナ禍ではアウトでしょう。そもそも1日1000円で生活するというのは、地方では決して珍しいことではなく、わざわざ節約エピソードとして紹介するほどのことではありません。4月から電気、ガス、ATMの手数料などが値上がりすることもあり、節約術を紹介する企画だったのでしょうが、あまりにもやっつけ過ぎて、視聴者にとっては不快感しかなかったようです」(テレビ誌ライター)

3月29日にスタートした『めざまし8』。初回の世帯平均視聴率は6.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)で、前番組『とくダネ!』が放送されていた同時間帯の前4週平均5.9%を上回っていた。今のところ谷原の爽やかさが好意的に受け止められているようだが、今回のような安易な企画が続くようであれば、視聴率が急降下する可能性もある。

朝の情報番組らしく、もっと有益な情報を教えてほしいものだ。

あわせて読みたい