ザ・タブー

義弟がフラれる理由はセックス下手 SEX検定で通信簿はオール2《美智代さん=仮名・25歳・OL》~官能小説作家書き下ろし『実録 女のセックス告白』

義弟がフラれる理由はセックス下手 SEX検定で通信簿はオール2《美智代さん=仮名・25歳・OL》~官能小説作家書き下ろし『実録 女のセックス告白』 
義弟がフラれる理由はセックス下手 SEX検定で通信簿はオール2《美智代さん=仮名・25歳・OL》~官能小説作家書き下ろし『実録 女のセックス告白』(C)週刊実話Web 

私と同居中の武史には、5歳年下の弟の薫クンがいます。彼は、私たちが住むマンションへなぜか頻繁に立ち寄るようになりました。

武史が残業で遅くなったある日、彼は「姉さん、僕は付き合うまではチヤホヤされるのに、肉体関係になった途端にフラれてしまうんだ」と打ち明けました。

背も高いし顔も美形で、絶対にモテるタイプだと思っていたので、その話はとても意外でした。

「やはりエッチが下手だってことしか考えられないな。乱暴にしてない?」

私は単刀直入に質問しました。彼は核心を突かれてショックを受けたみたい。しばらく沈黙した後、開き直ったように「俺とやって評価してもらえる?」と言ってきたんです。

当然、バレたら婚約破棄は確実。でも、哀れな子羊を救うには、こちらも捨て身になるしかありません。

「分かった。誰にも内緒にするなら、エッチの通信簿をつけてあげる」

「兄貴に言うわけないだろう。じゃあ、して…」

「まずはキスからね」

思った通り、彼は唇を30秒ほど重ねただけで、すぐにオッパイを揉み始めました。それもすごく力が入っていて、もう痛いだけ。

まだ濡れてもいないのに一気に入ってきて…

優しい配慮もない状態でパンツを下げられ、下半身だけ裸にされたまま、舌先を硬くして皮を剥いたクリトリスを舐めまくります。

これでは突起を紙やすりで擦られている状態と同じで、ヒリヒリした痛みが走ります。続いて、まだ濡れてもいないのに、ペニスに唾をつけていきなり正常位で奥まで一気に入ってきて…。

「ああっ、痛い…」

こちらの訴えを無視し、まるでAV男優のように乱暴にガシガシと動きます。1分後にはペニスを引き抜き、顔に精液を「ビューッ」と飛ばしました。

髪にかかってしまったので、セットも台なしになって、もう最悪です。

「はい、検定中止!」

「えっ、ダメってこと?」

「優しさと愛がない。キスはおざなりで愛撫も貧困。私をオナホールと勘違いしてる。残念だけどオール2ね」

彼はショックを受けながらも素直に「次はオール3を目指す」と、悔しがりながら誓いました。

私は乳首とクリだけ責めるのをやめ、優しく全身を指先で愛撫するだけでも通信簿の評価は各段に上がると伝えました。ただし、ペニスの長さと硬さは最初から間違いなく5でしたね。

(書き手・奈倉清孝)

あわせて読みたい