篠田麻里子 (C)週刊実話Web
篠田麻里子 (C)週刊実話Web

篠田麻里子「ママタレ生命危機」の裏で…“過激艶オファー”が殺到中

元『AKB48』の篠田麻里子が実業家の夫と別居していると報じられ、〝ママタレ生命〟の危機に瀕している。浮気を疑われたことが原因とされ、すでに離婚調停中との報道もある中で、彼女には早くも〝過激艶オファー〟が寄せられ始めているという。


【関連】篠田麻里子「別居報道」で前田敦子がアドバイス?サプライズ決断の可能性も… ほか


「8月25日発売の『女性セブン』が、3歳下の実業家夫と篠田が別居していると報じたのです。同誌によると、夫が篠田の浮気を疑い大ゲンカになり、夫が子供を連れて家を出て行ってしまったといいます。その後、9月7日にはすでに離婚調停に突入しているとの報道もあり、深刻な事態のようです」(芸能記者)


篠田は2019年2月、実業家男性と結婚。20年4月に第1子女児を出産した。


「18年10月に出会い、その後、2人だけで初食事をした際に彼がプロポーズしたとされたため、当時〝交際0日婚〟などとも報じられ、行方を心配する声もありました。しかし出産を経て、篠田のYouTubeチャンネルに夫が何度も登場するなど仲良さげだったため、関係は良好とみられていました。篠田は1子の母として昨年5月、『第13回ベストマザー賞』の芸能部門を受賞し、〝ママタレ枠〟の仲間入りを果たしたばかりでした」(同・記者)


しかし、今回の浮気疑惑&別居報道でイメージが悪化したことから、ママタレ活動も危機に陥る可能性がありそうだ。


「篠田の事務所サイドは浮気疑惑について否定していますが、女性セブンは7月下旬、篠田が深夜に後輩イケメン俳優らとともに焼肉店やカラオケ店をはしごする姿も報じています。浮気の真偽は不明ですが、交際期間がほぼない中で結婚した夫が疑ってしまうのも、無理はないかもしれません」(芸能関係者)


篠田は身長が167センチと高く、ショートカットの美貌で、独特の〝上から〟キャラだったことから「マリコ様」などと呼ばれ人気に。11年には篠田がセンターを務めたAKB48のシングル『上からマリコ』が発売された。


「12年の『AKB48選抜総選挙』では5位になり、後輩らに〝つぶすつもりで来てください〟と強烈なスピーチをし、ますます〝マリコ様〟キャラの印象が強まりました。13年7月にグループを卒業後は、タレント活動の一方、女優として数々のドラマや映画に出演しています」(女性誌記者)

“マリコ様キャラ”前面押し出しが吉!?

そうした中、結婚後初のスキャンダルというピンチに、〝マリコ様〟復活オファーが相次いでいるという。


「今後、〝いい母親〟〝良き妻〟のイメージで活動することが当面、難しくなった。それだけに一部芸能関係者から、開き直って〝マリコ様キャラ〟を前面に押し出した、過激な映画や配信ドラマへの出演オファーが寄せられているというのです。中にはマリコ様に通じる、女王様的なキャラで男を隷従させるような〝高飛車濡れ場〟の話もあると聞いています。あくまで実現すればですが、ボンデージ風の衣装でハイレグやTバック、黒いブーツ姿でのプレイも織り込まれるようですよ」(芸能プロ関係者)


実は篠田、過激な役を積極的に引き受けている印象がある。17年12月公開の映画『ビジランテ』でヒロインを務め、主演の1人、鈴木浩介相手に山中の車内で熱いカラミシーンをこなし、大いに話題となった。


「お互い服を着たままでしたが、篠田の赤いアンダーウエアがチラチラ見えるのが妙にエロティック。最後には篠田が『中に出して!』の強烈なセリフも発します。つまり篠田は、独身時代は〝濡れ場OK〟だったわけです。そのほかにも同じ17年11月からはBS-TBSのドラマ『水戸黄門』シリーズに出演。くノ一役としてかつて由美かおるが演じた人気シーン〝お色気入浴〟を披露し、胸元ギリギリまで見せた悩殺ボディーが大評判になっています。高身長で抜群のモデル体型ながら、推定バストサイズ87センチの〝D級〟とされるだけに、騒動を逆手に取って過激演技を復活させたら、女優として〝再ブレーク〟することもあり得そうですね」(映画ライター)


もちろん、夫との仲が修復されれば実現は難しくなりそうだが…。