芸能

『アンジャッシュ』渡部建ついに復帰!? 同情の声と嫌悪の声が拮抗か…

『アンジャッシュ』渡部建ついに復帰!? 同情の声と嫌悪の声が拮抗か…
『アンジャッシュ』渡部建ついに復帰!? 同情の声と嫌悪の声が拮抗か… (C)週刊実話Web

『オリエンタルラジオ』の藤森慎吾が先ごろ、自身のYouTubeチャンネルに投稿した動画で、『王様のブランチ』(TBS系)などで共演していた『アンジャッシュ』渡部建と〝遭遇〟したことを明かした。

藤森は《宮迫さんに藤森のトラウマ、アメトークの話をしました! 退所、闇営業の話一切ありません!》と題した動画で、『雨上がり決死隊』の宮迫博之と共演。和やかな雰囲気で話が進む中、渡部に話が及ぶと、「(渡部と)たまたま散歩しているときにばったり道で出くわして。僕から気付いて、『渡部さん お久しぶりです』って言ったら、渡部さんもびっくりされていたんですけど…」と驚きの報告。さらに「渡部さんとはすごく仲も良かったし、かわいがってくださっていた。『お久しぶりです』って言ったらもう、ほんとに申し訳なさそうな顔で、僕なんかに深々と頭を下げてくださって『ほんとに申し訳なかった』と言って」と、そのときの様子を振り返った。

渡部に対して藤森は「早くまた復帰してっていう気持ちでいっぱいです」と語り、宮迫は「悲しいかな、前の渡部には戻れないんですよ。そこは。(でも)前の渡部に戻る必要はなくて、新しい渡部(を見せればいい)。今さら(ついた)イメージを払しょくできない」とアドバイスし、エールを送るのだった。

「世の中にはもっとゲスな奴いっぱいいるよ」

このやり取りに、動画のコメント欄には、

《渡部さんのことをしっかり語ってくれてうれしいです》
《渡部はほんとにもったいないと思う お2人で復活させてあげてください》
《渡部を救えるのは宮迫だけかもしれない》

など、宮迫や藤森とYouTubeでの共演を望む声があふれた。一方、匿名掲示板でも、

《もう十分過ぎるぐらい社会的制裁を受けていると思います。これ以上は「いじめ」になると思う。社会復帰に向けてどういった形にしろ頑張っていただきたいと思います》

《何か渡部がかわいそうになってくる。不倫は夫婦間の問題なんでウチら他人がここまで言う必要ないし、まぁテレビへの出演は需要があれば出演できることなので、責める必要がない。世の中にはもっとゲスな奴いっぱいいるよ。自分のこと棚に上げて責めるのはやめよう》

などと、渡部へ同情する声が多く集まっていた。

「とはいえ、その後に《日テレ『行列』で進む渡部建復帰計画のリアルな話》という見出しの記事がネットに掲載されると、一転して様相が変わり、ネット上には《何のために…スポンサーも嫌でしょうし、この行列のプロデューサーは弱みでも握られているのかな?》《他にもタレントはいくらでもいるのに渡部にこだわる理由は何なの? そこだけでも回答がほしいね》などの反対意見が再び投げつけられる事態に。こうして見ると、渡部の復帰はまだまだ遠そうですね」(芸能記者)

果たして、渡部に対する〝需要〟は今、どれくらいあるのだろうか…。

あわせて読みたい