『力道山未亡人』細田昌志 
『力道山未亡人』細田昌志 

夫の死後に数奇な半生をたどった力道山夫人についての傑作ノンフィクション『力道山未亡人』

『力道山未亡人』小学館/1800円

細田昌志(ほそだ・まさし) 1971年岡山市生まれ、鳥取市育ち。鳥取城北高校卒業。リングアナウンサー、CSキャスター、放送作家を経て作家に。23年『力道山未亡人』で第30回小学館ノンフィクション大賞を受賞。
――力道山未亡人の田中敬子さんのことを書こうと思ったきっかけは、なんだったのですか?


【関連】将棋棋士に魅せられたカメラマンがつづるベストセラーの続編『絆 棋士たち 師弟の物語』 ほか


細田 彼女のことは以前からその存在は知っていましたが、さほど関心があったわけではありませんでした。ただ、生前の安部譲二さんから「俺は彼女と古い知り合いだけど、再婚しなかった理由を知りたい。俺の代わりに聞き出してくれ」と頼まれました(笑)。彼女が力道山と結婚したのが1963年初夏。それからわずか半年で死別して、60年間独身を貫いた。普通は再婚するでしょう。考えれば考えるほど気になってしまったのです。


――実際に取材してみてどんな人物でしたか?


細田 一見ふわふわしているように見えますが、実際は相当頭の切れる人でした。頭の回転が速くて当意即妙。若い頃はその頭脳をフルに活用していたはずです。でも、頭のよさをひけらかすようなことはなくて、とても優しい人でもありました。常に弱者の視点に立っていて、そのことも印象に残っています。

アントニオ猪木“破門”の真相は…

――力道山の死後、30億円の負債を抱えたといいますが、なぜ相続を放棄しなかったのでしょうか?


細田 それは拙著の肝なのでここで明かすわけにはいきませんが、ネタバレにならない程度に触れるなら、この時期の彼女の脳裏に亡夫・力道山の存在があったのは無視できない。「夫ならどうする?」というクエスチョンこそ彼女の行動原理だったはずで、何をするにしても「夫に見守られている」と感じていたとも想像がつきます。そんな22歳の未亡人の複雑な感情の機微も読み取ってほしいです。


――力道山十三回忌興行に参加しなかったアントニオ猪木を、田中さんが破門したという話には裏があったそうですね。


細田 75年12月11日は、日本のプロレス史に残る記念日です。日本武道館で行われた『力道山十三回忌記念追善大試合』と、蔵前国技館で行われた『アントニオ猪木対ビル・ロビンソン』。この興行大戦争に、彼女は前者の主催者として送り込まれます。通史では「力道山未亡人は、アントニオ猪木に破門状を送った」ことになっていますが、その真相は…。錦の御旗を奪い合うのが戦争だとすれば、このときは力道山未亡人を奪い合う形となります。どちらも「力道山の正統な後継者」という称号を欲していたからです。約半世紀前に、右翼やヤクザまで巻き込んで繰り広げられた戦争に〝ふわふわ系〟の未亡人が先頭に立たされた事実は知っておいてほしい。ぜひとも、手に取って読んでいただきたいです。


(聞き手/程原ケン)