芸能

大ブレークした第七世代芸人が“激変”していた!別人レベルのイメチェンも話題にならず…

vectorfusionart
(画像)vectorfusionart/Shutterstock

お笑い第七世代ブームに翻弄された『四千頭身』メンバー・後藤拓実の〝激変姿〟に、ファンが困惑している。

後藤は元々、天然パーマがトレードマークだったが、6月3日に更新したYouTubeチャンネルでは、ストレートのロングヘアーをカチューシャでオールバックにし、すっかり別人に。『遅刻したら罰金というドッキリで、都築と石橋は何分遅刻してくるのか』という懸賞企画を実施したが、多くの視聴者は後藤の髪型が気になって、内容が頭に入ってこなかったようだ。

【関連】『かまいたち』『霜降り明星』らの躍進で…中堅芸人“大リストラ時代”到来 ほか

今ではすっかりブームが過ぎ去り、表舞台から姿を消している後藤。一部のファン以外はすっかり興味をなくしているようで、SNS上では《お笑い芸人なのにこの人見るとテンション低くなってキツい》など、厳しい指摘が飛んでいる。

「そもそも後藤の人気が急落したのは、高級外車・アウディを購入したことやタワーマンションに引っ越したことなどを自慢げに語り、ひんしゅくを買ったのがきっかけ。『ネットニュースになったら5万円もらえる』という企画を受けて、少々話を盛ったせいもあるのですが、結果として大失敗でした。後藤自身も『全部間違ってました』と、後悔の思いを口にしています。ところがここにきて、不甲斐ない自分を自覚し反省を見せたことで、見直すファンも増えている。まだ27歳と若く、復活の目は十分あるでしょう」(芸能ライター)



『四千頭身』再出発のチャンス?

後藤のボソボソとしたしゃべり方が苦手だという人は少なくないが、あの『おぎやはぎ』もデビュー当時はかなり滑舌が悪く、決して今のようなハキハキとした口調ではなかった。

当人たちはラジオ番組を始めて「やっぱり明るい方がいいから、少しずつテンション上げていった」と語っている。

今年4月からはメンバーの都築拓紀がラジオ番組『サクラバシ919』(ラジオ大阪)の木曜パーソナリティを務めるなど、活動を活発化させている『四千頭身』。かつては後藤ばかりが目立っていたが、最近はメンバー間のバランスも取れてきたことで、新たな出発にはまたとないチャンスといえるだろう。

後藤の〝伸びしろ〟が、縮毛矯正並の成功を収めることを期待したい。

あわせて読みたい