芸能

Perfumeのっち“生歌”が上手すぎる!椎名林檎とのコラボ楽曲が話題「なんで今まで隠してた?」

のっち
のっち (C)週刊実話Web

6月3日放送の『CDTVライブ!ライブ!』(TBS系)に、Perfumeの“のっち”こと大本彩乃が登場。グループ活動時には、なかなか聴くことができない生歌を披露し、視聴者を魅了した。

この日、のっちは椎名林檎と共に、コラボ楽曲『初KO勝ち』を披露。この曲は椎名のニューアルバム『方生会』に収録されており、テレビで初めてのフルサイズ歌唱となった。


【関連】Perfumeあ~ちゃん激ヤセで“別人”イケメンモデルとの失恋が噂されるレベル ほか

「クセの強い林檎さんの歌声に負けず、のっちさんの歌も力強かった。Perfumeはどちらかといえばカワイイ楽曲が多いですが、『初KO勝ち』は林檎さんの楽曲なので、クールな印象。林檎さんは、のっちさんに約20年かけてアプローチしていたとのこと。見事にのっちさんの新たな扉を開けたように思えます」(音楽ライター)

のっちの見事な歌声に《めっちゃ歌上手いじゃん》《こんなに歌上手かったのか…》《なんで今まで隠してた?ってくらいかっこいいし歌が上手い》《生歌が音源超えしててびびった》と絶賛されている。

のっちに驚き「この声を封じて25年も活動してたの!?」

「Perfumeはダンスパフォーマンスに重点を置いているグループ。ライブ中の口パクも、公式に明言しており、メンバーの歌唱力に注目する人は少ないように思います。だからこそ、この日ののっちさんが強烈なインパクトを残したのでしょう」(同・ライター)

『初KO勝ち』はYouTubeに投稿されたMVも大反響。「人気急上昇中の音楽」に入るほどで、コメント欄に《正しいのっちの使い方》《この声を封じて25年も活動してたの!?》と称賛の声が多く集まっている。

「エフェクトをかけた楽曲ばかりのPerfumeですが、インディーズ時代のライブは生歌で披露することもありました。とはいえ、彼女らの本来の歌声を知っているのは、一部の古参ファンのみ。2002年、まだ『ぱふゅ~む』表記だった時代は、地元の広島でビラ配りしたものの、インストアイベントに2人しか来なかったと語ったこともあります。苦労人だからこそ、3人とも実力があるグループです」(同)

今後、メンバーたちのソロ活動も期待されているが、Perfumeの新たな魅力に触れる機会が増えていくかもしれない。

あわせて読みたい