芸能

芦田愛菜“ビールCM”出演料は5000万円以上!? 大手ビールメーカーがオファー合戦

芦田愛菜
芦田愛菜 (C)週刊実話Web

幼少期から第一線で活躍している芦田愛菜が、CM業界で大きな注目を集めている。

いまや俳優業だけでなくバラエティー番組でも活躍し、『2023タレントCM起用社数ランキング』では16社に起用され堂々の2位にランクインするなど、名実ともに国民的な人気者だ。


【関連】芦田愛菜とタモリ『紅白歌合戦』で共演?NHKが狙う“年の差司会”&主演ドラマ計画 ほか

6月23日の誕生日で20歳となり、すっかり〝大人の女性〟だが、そんな芦田に熾烈な〝オファー合戦〟を繰り広げているのが、大手ビールメーカーだとか。

「お酒が〝解禁〟になる芦田に、各メーカーが狙いを定めている。大手広告代理店を通じて、芦田の獲得を目指しているもよう。現在、芦田はCM1本あたりの単価が3000万円ほどといわれる。中には、倍額を出してもいいからビールのCMで芦田を起用したいと動いているメーカーもあるようだ」(スポーツ紙記者)

芦田愛菜は現役の大学生だから…?

20歳になったばかりの芦田をビールのCMに出演させれば、売上が伸びることは間違いないだろう。

アサヒ、キリン、サントリー、サッポロといったビールメーカーは、今年だけでも広瀬すず、橋本環奈、大泉洋、山﨑賢人、堺雅人などそうそうたる俳優をCMに起用。各社で好感度の高い俳優やタレントの奪い合いが起きている中で、〝10年に一人の大本命〟といわれているのが芦田なのだという。

確かに、子役時代からお茶の間で親しまれてきた芦田が、ビールをおいしそうに飲む姿は全国民が見たいところ。話題性を考えれば、いくら払ってもお釣りが来ることだろう。

ただ、いろいろとハードルが高く、ひとまずはノンアルコール飲料のCMに起用することになるだろうと、大手広告代理店関係者が内情を明かす。

「芦田は現役の大学生ということもあり、いきなりビールのCMは難しいというのが事務所の判断のようだ。ならばと、市場が伸びているノンアルコール飲料で打診するメーカーが続出している。『サントリー天然水』で付き合いのあるサントリーが優勢との声もあり、CM料金は5000万円以上が設定されているという噂だ」

休日に芦田愛菜がノンアルコールビールで乾杯、なんてCMがすぐに見られるかもしれない。

あわせて読みたい