芸能

浜崎あゆみより高額設定…元アイドル・加護亜依「ライブチケット売れない」に納得の声

加護亜依
加護亜依 (C)週刊実話Web

元『モーニング娘。』でタレントの加護亜依が、悲壮感を漂わせているとSNS上で大きな話題になっている。

加護は5月31日に自身のYouTubeチャンネル『加護ちゃんねる』を更新。『【緊急動画】ライブチケットが売れてません・・・助けて・・・』と題した動画をアップした。


【関連】加護亜依に億単位の超高額オファー!? “艶系作品”出演サプライズ実現か ほか

動画冒頭、加護は、6月9日にライブを行うことを明かし、当日ファンサービスとして、ゲームで勝ったファン10名に直筆のメッセージカードをプレゼントすることを発表。ところが、肝心のチケットの売れ行きが伸び悩んでいるようで、「まだですね…だから助けて、本当に助けて? ヘルプ、ヘルプ! なんせ会場がめっちゃ広いので、まだ全然入るんですよ。早くソールドアウトにしたいです」とファンに訴えた。



辻希美とのデュオ復活が期待されるが…

このままチケットが売れ残るようであれば、当日〝手売り〟も辞さないという加護だったが、SNS上では「売れないのは当たり前」と冷ややかな声が蔓延している。

「加護は『4歳未満のお子様は無料で観覧できます!』と子連れママに呼びかけていましたが、そもそも価格設定がかなり強気。2階最前列のSS席はチェキ券1枚付きで1万6000円、1階前方のS席は1万2000円で、それ以外の通常席でも7000円する。さらに入場時に別途ドリンクチャージが500円必要になるというのです。一線級のアーティストや歌手ならば決して高いとはいえませんが、加護は全盛期を過ぎた元アイドルですからね。コアなファン以外は尻込みするでしょう」(芸能ライター)

そもそも現役で活躍する歌手の浜崎あゆみですら、3歳未満の幼児の同伴を無料にし、全席指定で8900円なのだから、加護のライブチケット代金がいかに高額かが分かるだろう。

加護はつい先日も、一部写真週刊誌に〝夜職〟転身を報じられたばかり。「義理の妹の店で週に1、2回カウンターに立つなど手伝っていただけ」と弁明したものの、実際のところは仕事が激減し、かなり金に困っているとされる。

辻希美との『W(ダブルユー)』復活を望む声も少なくないが、目先の金にとらわれず、まずはファンサービスに努めるのがいいのでは。

あわせて読みたい