芸能

不倫“デマ”騒動の林田理沙アナがNHKに不信感?年内の独立待ったナシか

NHK
NHK (C)週刊実話Web

インフルエンサー・滝沢ガレソ氏のX(旧ツイッター)への投稿をきっかけに、大問題へと発展した星野源の不倫〝デマ〟騒動。星野の所属先であるアミューズは、公式に否定コメントを出し、憶測投稿をした滝沢氏を糾弾した。

星野自身も5月28日放送のラジオ番組『星野源のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)にて、妻の新垣結衣と共演しこの騒動を全面否定。完全にガセネタだったことが証明され、ファンはほっと一安心したことだろう。


【関連】NHK林田理沙アナ、離婚の真相は…元夫は岡田将生似のイケメンか スピード離婚のNHK女子アナたち ほか

一方、スッキリしない決着を見たのが、〝不倫相手〟だとされたNHKの林田理沙アナだ。

滝沢氏は個人名を出さずに投稿したものの、ヒントを見れば林田アナを指しているのは明白。しかし、林田アナはなんの説明もできない状況で、突然降って湧いた騒動は、星野に助けられる形で幕を下ろすことになった。

「林田アナは上司から事実確認され、事実無根だと完全否定した。その上司から報告を受けたNHKの上層部は、一般人が勝手に書いているだけで相手にしないと無視を決め込んだようだ。NHKが滝沢氏のような得体のしれない人物を相手にすると、さまざまなリスクが予想されますからね。結果、林田アナはいわば犠牲になって、何も意見を公表できなかった」(スポーツ紙記者)

悲劇に見舞われた林田理沙アナが決意?

林田アナは、この騒動の前に『NEWSポストセブン』によって、一般男性と離婚したと報じられたばかりで、心労がたまる出来事が次々と起きている。

仕事では、今年4月の人事で視聴率が高く花形の『ニュースウオッチ9』から、週一放送の『サタデーウオッチ9』へ異動。セットなどをリニューアルしたとはいえ、注目度で言えば降格人事といえるだろう。

いろいろと悲劇に見舞われている林田アナだが、今年中にはNHKから独立するという噂がテレビ関係者の間で広まっているという。

「NHKの規約でSNSを開設できないため、今回の疑惑を否定できなかった。にもかかわらず、コメントを出してくれなかったNHKに林田アナは不信感をつのらせている。そもそも、離婚の話もごく一部の人間にしか話しておらず、NHK関係者からの漏洩を疑っているもよう。降格人事の件もあるし、心機一転のため独立は確実視されています。林田アナならどの局も使いたいし、CMなどで年収1億円は固い。独立しない手はありません」(同・記者)

事実無根の〝不倫騒動〟で、揺れ動いていた林田アナの心も決まったのだろうか。

あわせて読みたい