芸能

日本テレビはSnow Man推しだが…『24時間テレビ』出演が罰ゲーム状態に!?

日本テレビ
日本テレビ (C)週刊実話Web

日本テレビは、今年の『24時間テレビ』を8月31日~9月1日に放送すると発表した。

ただ、現時点では放送日が決定しているだけで、出演者や企画の内容などは一切公表されず。例年なら4月中にはメインパーソナリティーが発表されていることを考えれば、かなり遅いスタートになっていることが分かる。


【関連】寄付金横領事件でイメージ最悪!『24時間テレビ』への流言飛語 ほか

それもそのはず、今回の『24時間テレビ』は問題が山積みだからだ。

まず、メインパーソナリティーは、毎年のように旧ジャニーズ事務所のタレントが務めてきたが、昨年は性加害騒動の渦中に『なにわ男子』を起用して大批判を受け、視聴率や募金額がダウンした。

さらに、系列局の日本海テレビの元幹部社員が、寄付金など約1100万円を着服していたことが判明。募金が不正に使われていたことが分かり、一気に番組の信頼がガタ落ちになった。

「偽善番組だといわれ続けてきた『24時間テレビ』ですが、寄付金の着服も含め、昨年は過去最低の放送だったと評判。もはや、局内でも放送を一度中止すべきだという声もあるほどで、存在意義を問われているようです」(民放関係者)

旧ジャニーズは出演させたくない…?

そんな『24時間テレビ』だが、今年も旧ジャニーズのタレントをメインパーソナリティーにする予定だという。

人気の高い『Snow Man』が最有力とされているが、その調整に時間がかかり、さまざまな発表が遅れているようだ。

というのも、旧ジャニーズからマネージメントを引き継いだ『STARTO ENTERTAINMENT』が、番組へのタレント出演に難色を示しているからだとか。

視聴者から特にバッシングを受けそうな番組に出演することで、今年やっと新たな船出をしたSTARTO社に厳しい目が向けられる可能性は高い。

そこで、日本テレビとSTARTO社は協議を重ね、メインパーソナリティーというポジションの見直しも検討しているとのことだ。

「日テレは『Snow Man』で打診したが、STARTO社としては『24時間テレビ』と心中するような形でグループのイメージが落ちるのは困る。そこで、『SixTONES』や『King & Prince』など代替案を出しているという話です。しかし、日テレは『Snow Man』でないと視聴率が取れないと譲らない。最終的には、2020年の時のように、各グループからタレントを出す形になるかもしれません」(同・関係者)

芸能事務所がタレントを出演させたくないような番組なら、そろそろ放送をやめたほうが賢明だろう。

あわせて読みたい