芸能

星野源“W不倫”憶測投稿の出所は?業界関係者がニセ情報を流した可能性も

新垣結衣、星野源
新垣結衣、星野源 (C)週刊実話Web

「2人が不仲だという話は120%ガセです」(芸能記者)

5月28日深夜に放送された『星野源のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、星野源が自身の不倫疑惑について語った。

『オールナイトニッポン』では、妻の新垣結衣が電話で生出演し、ネット上で飛び飼っている疑惑を2人で改めて否定している。


【関連】新垣結衣の大胆イメチェン大失敗!? “オン眉”のパッツン前髪がファンに不評 ほか

「ことの発端は、5月22日のXに投稿された《超有名女優とドラマ共演して電撃結婚した男性歌手が番組共演した某NHKアナウンサーとW不倫した》《所属事務所が10億円を払って記事を揉み消した》というポスト。具体的な名前は挙がっていませんが、男性歌手が星野、有名女優が新垣との憶測が飛び交った」(芸能ライター)

この情報拡散に苦慮しているのが、星野が所属するアミューズだ。

所属事務所として名誉毀損の投稿をリポストすることや、SNSへの書き込みやDMで誹謗中傷を繰り返す行為に注意喚起を行った。

以前のニセ情報ではCM出演に被害

「ニセ不倫情報は、実は2度目。昨年8月、星野をめぐって、『彼女がいる』『愛人を妊娠させた』『別居済み』といった話が流れた。厄介だったのは、一部女性誌や写真誌にこの種のネタが幾度となくリークされたこと。結果、多くのメディアがアミューズにコメントを求める異例の事態になった」(前出・芸能記者)

星野やアミューズを悩ませているこの偽情報は、広告界にも出回っていた。

「とにかく執拗で何度もメディアに情報が寄せられ、その話が広告界にも逆流したんです。いくつかのCM出演話が延期になったという話もある」(広告代理店関係者)

そうした中、気になってしまうのが星野と新垣の本当の関係性だろう。

しかし『オールナイトニッポン』ではお互いを「源さん」「結衣ちゃん」と呼び合うなど、仲睦まじい様子を見せていた。

このニセ情報の出所は、どこなのだろうか。

「星野のことを妬む業界関係者が、偽情報を流した犯人だとも考えられているようです」(同・記者)

現在、星野やアミューズは一連の誹謗中傷に対し、真剣に法的措置の検討を始めたという。

「訴えれば余計に騒動を拡散させる可能性もあるが、そんなことを言っている場合ではないわけです」(前出・芸能ライター)

逃げるは恥ということだ。

あわせて読みたい