芸能

香川照之が激変!? ボサボサ長髪で“虫好き”アピールも子育てママはどっちらけ

香川照之
香川照之 (C)週刊実話Web

俳優・香川照之の〝激変〟した姿が、ネットで大きな注目を集めている。

香川は5月27日、自身のインスタグラムを更新。《ここは昆虫たちの国『INSECT PARK』!千葉公園に先月オープンしたばかりの施設です。本日もたくさんのお子様たちが遊びに来ていました!》と投稿。


【関連】木村拓哉が“禁断の果実”に手を出した!? 香川照之に『グランメゾン東京』出演オファー ほか

続けて《昆虫目線で楽しめるこの室内プレイグラウンドは、雨の日でも昆虫たちと遊べます 晴れた日は目の前に広がる原っぱを眺めながら、快適に親子の時間を過ごすこともできます!ぜひお立ち寄りください!》と、千葉市にあるコミュニティーパーク『CHIBA TERRACE チバテラス』に併設される屋内プレイグランドを紹介した。

特に問題のない投稿のようだが、同時にアップされた写真にネットユーザーが騒然。長めのボサボサ髪をセンター分けにした香川が写っており、《誰だか分からなかった》《まるで別人のよう》といった声が上がった。

また、《永野かと思った》《永野にしか見えない》など、お笑い芸人の永野に似ているとの指摘も多かった。

すっかりシラケたママさんたち…

香川は2022年、銀座のクラブの女性への性加害や、ドラマ制作関係者との懇親会で女性スタッフの頭部を殴打したことが発覚。当初は酒に酔っていたことを理由に「よく覚えていない」などとごまかしていたが、最終的に当時金曜司会を務めていた情報番組『THE TIME,』(TBS系)で、「ご指摘いただいたことを本人は深く反省し、今現在も自らの戒めとしております」と謝罪。以降、表舞台から姿を消していた。

「インスタグラムでは子どもとの2ショットを見せましたが、すっかり老け込んでしまいファンもかなり驚いたようです。相変わらずの虫好きをアピールしましたが、『INSECT PARK』は、香川がプロデュースした自然教育アニメ『インセクトランド』 の世界から生まれた施設。幼い子どもを持つママさんたちは、すっかりシラケきっています。かつては売り切れが続出した昆虫をモチーフにしたブランド『インセクトコレクション』も、『子どもには着せられない』とそっぽを向かれた状態が続いていますね」(芸能ライター)

トラブル後、ブランドのサイトから香川はすっかり消えているが、消費者がその程度でセクハラ騒動を忘れるわけはない。

今回の投稿は振るわない事業のテコ入れの意味があったのだろうが、話題になったのは激変した姿だけだったようだ。

あわせて読みたい